2010年10月10日

絶妙コンビ

クロコダイル(ワニ肉)、バジル、レモン
ワニステーキ2

準備するもの:
ワニ肉、オリーブオイル、塩・コショウ、バジル、レモンのみ。




お肉をスライスして、オリーブオイル、バジル、塩・コショウを入れたマリネ液に15−30分漬ける。

そのあとはマリネ液をフライパンに投入。
強火で液を沸騰させ、次にお肉を入れる。
最初弱火でお肉全体に火を通し、次に強火でお肉がきつね色になったら出来上がり。

お肉をペーパータオルに置いて1−2分冷ましてから盛りつける。

ワニステーキ
盛りつけたら、レモン汁をかける。




これも低脂肪・高タンパクのクロコダイルステーキ。

バジルとレモンの混じったニオイと、やや歯ごたえのある鳥肉のような感じが微妙にマッチした風味を醸し出してくれる。

美味い!!!

カンガルーマンの健康管理とスタミナに欠かせないレシピの一つだ。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  

Posted by Kangarooman at 10:39Comments(0)TrackBack(0)

2010年06月16日

嬉しいコメント

ある時娘に言われた。

「お父さんは加齢臭がないよね!」と・・・・。

自分では特に意識していないのだが、こうしたことに人一倍敏感な娘に言われたことが重要だ。

特に自分の体臭は慣れてしまっているので気付きにくい。

そして加齢臭のしない理由について考えてみた。

健康面で実行している事柄・・・・これらは過去のブログでも紹介したことなのだが:

1.3食必ず食べる。
2.規則正しい生活、特に十分な睡眠をとる。
3.暴飲暴食をしない。
4.脂肪の多い動物性タンパク質は控える。
5.適度な運動(ビーチバレーと水泳が適度かどうかは?だが、毎週土日はビーチバレーを朝から夕方までやっている。)
6.歯のメンテナンス(半年に1回必ず定期健診と掃除を欠かさない。)

以上の6項目を過去20年続けている。

多分これが答えなのだろう。

加齢臭に悩む皆さん。是非上記6項目を実践していただきたい。

これはカンガルーマンが自信をもってお薦めできる加齢臭防止メニューだ。

やや面倒で実践が大変な部分は5.の適度な運動だろう。しかしこれとてもビーチバレーと水泳でなくとも何か体を動かす機会を作ればいいだけの話だ。

あとの1,2,3,4,6の項目は気持ちの問題のみだ。

お金のかからない経済的な加齢臭防止、明日からでも始めてください。

どれほどリッチであろうとも、高級車に乗っていようとも、ブランド品で体を包んでも、強烈な加齢臭であなたのイメージは総崩れだということをお忘れなく!!!

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング
  
Posted by Kangarooman at 22:13Comments(0)TrackBack(0)

2009年07月12日

これぞアンチエイジング

画像はそれほど良くないが、カンガルーマンが目標とする老齢期。

http://www.youtube.com/watch?v=dkHvRCp3z5A

サプリだ、ダイエットだ、整形だ・・・・なんだかんだと言っても、これには敵わない。

画像が悪いのと、少し時間がかかるがご辛抱を・・・・。


ルーミート(カンガルー肉)とダチョウ肉がより身近になりました。
大庄グループ
「よろこんで庄や」、 「大漁日本海庄や」、「やるき茶屋」「新やるき茶屋」

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング
  
Posted by Kangarooman at 20:54Comments(0)TrackBack(0)

2009年05月25日

禁断症状

このところあまり体を動かしていない。

先々週は天気が悪く日曜日にインドアを少し。
先週は、土曜日が仕事で、そして昨日は若手の応援でボールにチョコっと触っただけ。

これに輪をかけて、これまで通っていたスポーツジムが廃業してここしばらく水泳からも遠ざかっている。

確実に体が鈍ってゆくのが感じられる。

普段のあの体の軽さが感じられない。

このまま体を動かさないでいると、食欲が落ちているにも関わらずブクブクと肥ってゆき、重く、疲れやすく、眠れずに、頭の回転が鈍り・・・・・ということになるのだろうか?

運動をしないで不規則な生活をしている人たちの体調は一体どういう感じなのだろうか?

今のカンガルーマンのこの何となく重い感じのもっとヒドイ状態なのだろうか?

もしそうだとしたら耐えられん。恐怖だ・・・・。

あの、クタクタになるまで体を動かし、横になった時の至福感、そしてウツラウツラしながらも空腹で目が覚め、体に入れるもの全てが美味しく感じられる満足感は何物にも代えがたい。

そして布団に入った途端に記憶を失い、気がついたら翌朝になっている。

朝、仕事に行くときの足取りも軽く、会社に着いた時には臨戦態勢が出来上がっている。

体を動かしていないと全てが狂い、夢遊病者のごとき体たらくとなってしまう。

これをスポーツ中毒の禁断症状とでもいうのだろうか?

ルーミート(カンガルー肉)とダチョウ肉がより身近になりました。
大庄グループ
「よろこんで庄や」、 「大漁日本海庄や」、「やるき茶屋」「新やるき茶屋」

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング  
Posted by Kangarooman at 23:41Comments(0)TrackBack(0)

2009年05月21日

新型インフルエンザ

新型インフルエンザで日本中が大騒ぎだ。

カンガルーマンは専門家でもないし、インフルエンザについて勉強しているわけでもないのでこの病気そのものに対して語ることはできない。

しかし、最近のマスコミ報道について疑問を持っていることが一つある。

それは、弱毒性で普通の健康体の人には命にかかわる危険性はないといっているにも関わらず、大騒ぎをしている点だ。

これだけ行政やマスコミが大騒ぎをしていると、「実際は弱毒性ではなく、とても危険なウイルス」ということを正面切って報道していないのではなかろうかと勘繰りたくなってくる。

一部の人達だけが、「その危険性」を知っていて、一般には「弱毒性だから冷静に・・・」と伝えながら、その実大騒ぎをして私達国民に大きな警戒心を抱かせるている。

「弱毒性」であると言いながら、サービス産業のほとんどではマスク着用がいつの間にか義務付けられ始めているようだ。

そして「弱毒性だからパニックにならないでください。」と言いながらマッチポンプよろしく騒ぎを大きくしているのは行政とマスコミ自身ではなかろうか?


ルーミート(カンガルー肉)とダチョウ肉がより身近になりました。
大庄グループ
「よろこんで庄や」、 「大漁日本海庄や」、「やるき茶屋」「新やるき茶屋」

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング  
Posted by Kangarooman at 23:16Comments(0)TrackBack(0)

2009年03月29日

ホッと一息・・・

今日恐る恐るビーチバレーをやったのだが、膝は大丈夫なようだ。

昨日まで痛み止めの軟膏を塗り、内服薬を飲んでいたので痛みはなかったのだが、実際に治っていたたどうかは定かでなかった。

今朝の段階で、膝に違和感がややあったものの思い切って痛み止めを塗らずにビーチへ出勤。

ソロソロと10時半位から体を動かし始め、午後からは全開。そして4時過ぎまで基礎練の真似ごとやゲームをこなす。

ブログを更新している現在、膝の痛みは無し。

これで明日の朝も同じような状態なら、結論は打撲だったのだろう。

しかし、打撲した覚えが全くない。記憶に無い。

さらに先週の木曜日にあれほど痛かった膝の痛みが嘘のように消えうせている。

一体、何だったのだろう!?

口の悪い友達に言わせると、「膝が痛くなったことが問題ではなく、膝を打撲したことを覚えていないことが問題だと・・・・。」

ウーン、今度は脳ミソの検査をしたほうがいいのか?

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

手軽にダチョウ肉とルーミートが食べられるようになりました 。
庄や””大漁 日本海庄や   
Posted by Kangarooman at 23:13Comments(0)TrackBack(0)

2009年03月26日

あ痛たたたた・・・

つい数日前に「過信しては・・・・」というタイトルでブログを更新したばかりなのだが、急に膝が痛くなってきた。

昨日、普通に歩いていたらどうも右膝の調子が悪い。

そして今日は歩くのもやっとの状態だ。

恐れていた反動がやってきたか?

市販の湿布薬や、タイガーバムをつけても痛みは消えない。
関節ではなく膝の飛び出たところの骨が痛い。
ぶつけた覚えもないのに・・・。

しょうがなく病院でレントゲンを撮ってもらった。
写真を見ながら先生は首をかしげている。
骨はとてもキレイだからだ。

まあ、それで一安心。しかしそれでも痛いのは消えない。

先生が言うには、「軟骨を覆っている粘膜が傷ついているのでは?」ということだった。どうして傷ついたかは教えてくれなかったが。多分、先生も分からないのだろう。

結局、膝に痛み止めの注射を打ってもらい(今でも痛い)、痛み止めの軟膏をもらい、痛み止めの錠剤をたくさん貰った。

と、こうして書きながらも、「治らなかったらどうしよう。バレーが出来なくなってしまう。」ということばかり考えている。

ビーチバレーの出来ない老後など考えられない。

しかし、体の衰えというのはこういうところから始まるのだろう。普段気にもしていない所が傷みだし、それからアチコチに広がってゆく。

ブログを通して衰えの推移を記録してゆくのも面白いかもしれない。

いずれにしても、来週になっても膝が痛み、治らないようなら年齢によるものだろうし、数日たって治れば、気がつかないうちに膝をどこかにぶつけたのが原因で衰えとは関係ないかもしれない。

ウーン、「ビーチバレーが出来なくなったら・・・・」

それを考えただけでも気が滅入ってくる。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

手軽にダチョウ肉とルーミートが食べられるようになりました 。
庄や””大漁 日本海庄や   
Posted by Kangarooman at 17:54Comments(0)TrackBack(0)

2009年03月18日

過信してはいけないのだが・・・・

これは自慢話でも何でもない。

自分で自分が時々恐ろしくなってくる。
というのはいつ今の反動が来るのかということだ。

あまりにも元気すぎる。

今年で60歳を迎えるのだがその感覚がない。

・30代の頃よりもはるかに疲れない。
・当然体力も持久力も今のほうがはるかにある。
・筋力(ジャンプ力)、敏捷性、反射神経は落ちているものの、他の同年代と比較したら負ける気がしない。
・ガ体は30代の頃よりはるかに見た目がいい。当時は骨と皮のガリガリだった。
・肩こり、関節痛その他の体の痛みとは無縁。

これまで20年近くしつこく継続してきた水泳とバレーボール、それにカンガルー肉中心の食生活の賜物としか考えられない。

晴れて60歳になった時には健康・体力診断を受けに行くつもりだ。

その時にどのような結果が出てくるか。

楽しみだ。

多くの方々に、改めてアピールしたい。

「適度な運動の継続、バランスの取れた食生活以外にアンチエイジングを達成できる処方箋は無い。」と・・・・。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

手軽にダチョウ肉とルーミートが食べられるようになりました 。
庄や””大漁 日本海庄や   
Posted by Kangarooman at 22:20Comments(0)TrackBack(0)

2008年08月18日

89歳の元気の素

カンガルーマンの元気の素は何といってもルーミート(カンガルー肉)、ビーチバレーそれに水泳だ。

ところが親父の元気の素は、なんとパチンコだった!

パチンコが好きな事は知っていたが、まさかそれが元気の素だとは想像だにしていなかった。

同居していないので正確なところはわからないのだが、家族の話によると親父のパチンコ狂いは半端ではないらしい。

パチンコに出掛けるとなると、髪をとかし、最高のオシャレをして出かけるとのことだ。そしてパチンコ屋では顔見知りや友達との交流を楽しみ元気ハツラツとしているのだそうだ。

一方、パチンコに出掛けない時は一日中布団の中で過ごし、ボケが進んだ老人の風態となる。

ところが、チンジャラの日には人が変わったようにシャキッとして数十歳若返るのだそうだ。

きっと打っている最中はアドレナリン出まくりなのだろう。

ちょうどカンガルーマンが仕事のストレスと労働で疲労困憊していても、一旦コートの上に立ってボールを手にすると元気になるのと同じ原理なのだろう。

しかしビーチバレーはお金がかからないのだが、このパチンコは金がかかり過ぎる。

財布がスッカラカンに、オケラになるまでパチンコを打つのだそうだ。

親父の健康と長寿、そして癒し代として大目にみるか、それともギャンブルなんてとんでもないといってその楽しみを取り上げるか難しいところだ。

親父にしてみればこの先長くないのだから、やれるときにジャンジャンやってそれでポックリゆけば本望というところなのだろうが、周りに多大な迷惑を及ぼすことは間違いない。

近いうちにこの元気の素を取り上げるかどうかを決めなければならない。

89歳の元気の素でなければ簡単に取り上げられるのだが、難しい・・・・。

車の運転にこだわっているのも、車が運転できなくなったらパチンコに行けなくなるというのが本当の理由だとのことだ。

いやはや、とんでもない親父を持ったものだ。

尤も、カンガルーマンのカミさんは「毎週末、朝から夕方まで一年中ビーチバレーばかりやっているとんでもない旦那を持ってしまった。」と嘆いているのだろう。

パチンコとビーチバレーの違いはあっても、何かにハマるということは親子の証なのか?

いずれにしてもパチンコが元気の素とアンチエイジングに寄与しているとは・・・想定外であった。

親父がパチンコとアンチエイジングについての本でも書いて稼いでくれれば、そしたらガンガンやるように奨めるのだが・・・・。

どうも、それは無理な相談だ

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 

  
Posted by Kangarooman at 23:34Comments(6)TrackBack(0)

2008年07月21日

心と体のバランス

心と体のバランスの大切さを身をもって体験している最中だ。

カンガルーマンのライフスタイルは、以前にも述べたように仕事でもプライベートでも、余計な問題を起さぬように普段から気をつけながら平穏な気持ちを保持するようにしている。

そうすることで何か予期しない問題が生じた時でも落ち着いて対処できる。

同時に体を鍛錬して心身の健康を保ち、常に前向きな生活態度を突き進むようにしている。

ところがここ数週間、かなり厄介な問題に直面しておりその解決策に自分の神経のほとんどが向かっている。

これまでは多少の問題を抱えていてもスポーツで体を動かして頭をスッキリさせると何らかの解決策が見つかったものだ。

が、今回は難問であるが故にその問題がストレスとして体のほうにもかかっており、さらに体のエネルギーを吸い取っていることがよく分かる。

そして改めて負のストレスが体にかける負担の大きさと、そのエネルギー摂取量の大きさに驚いている。

つまり、体が徐々にだが普段の調子ではなくなってきている。

少しでも前向きに考えるならば、今回の経験でいかにして負のストレスをうまくコントロールできるか?そしてそれを正のストレスに変えることが出来るか人生の一つのレッスンとして捉えるしかないのかもしれない。

というか、いま抱えている問題を解決すればこのストレスは蒸気のように消えてしまうのだろうから・・・・・、

グダグダ考えるよりも問題解決に全力を傾注する事が大事だ。

しかしまあ、この負のストレスという目に見えない代物、簡単に人間の心身を蝕む力を持っている。

アンチエイジングと心身の健康に対する大きな敵だ。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング   
Posted by Kangarooman at 09:07Comments(0)TrackBack(0)