2017年09月18日

長い長い道のりー低空飛行編の3

この数年は低空飛行を続けながらも上昇気流に乗りそうになり、減速し低空飛行に戻るというパターンとなっている。

ここまで来れたのも前回述べたように「変な人」を支援してくれる人たちがいたからだ。
会社のスタッフ達、家族、友人たちが中心となり「ルーミート(カンガルー肉)日本市場開発」を支えてくれている。

会社のスタッフ達は、市場開発に費やされる時間、エネルギー、費用の結果がすぐ出てこない事を分かっていながらも協力してくれている。

家族、特にカミさんはルーミートを日常の食生活に組み入れてくれている。

友人たちは、ルーミートを既に採用してくれているレストランの顧客となってくれているばかりか、口コミでそのまた知り合いや友人たちに広めてくれている。

こうした流れの相乗効果のお陰で昨年11月辺りから一般マスコミやSNSでの露出が増えてきた。
今年に入ってからは毎月数軒の取材が必ず入るようになった。

ここ一年のパターンは「上昇気流に乗りそうになりながらも失速し低空飛行に戻る」なのだが、全体として見てみるとその低空飛行の高度が徐々に上がってきている。つまり過去の低空飛行高度が平均10mだったとすると、今の平均高度は20mくらいとなっている。

現在会社としては、”上昇気流に乗りそうになりながらも何故失速するのか?”の原因究明に取り組んでいる。

商品力そのものの問題なのか、それに付随する味、見た目、あるいは多くの人々から指摘されているイメージの問題なのか?それとも啓蒙活動の方向性、テーマ、訴求の仕方が間違っているのか?営業のやり方に問題があるのか?

考えることが山ほどあるようだ。

過去30年近く取り組んできた「ルーミートを日本の食文化に組み入れる」というプロジェクト。

頂上に到達するにはさらに多くの障害を乗り越えなければならない事を痛感するこの数カ月だった。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング