2017年07月27日

長い長い道のり−低空飛行編

現在、日本国内でルーミート(カンガルー肉)を食べられるレストランは100店舗以上あるだろう。

4年くらい前までは10店舗あるかないかだった。

そしてその前は5店舗くらいで、その状態がほぼ20年位続いた。

”継続は力なり”とは言うものの、この月5〜10万位の売上状況が20年以上も継続すると、「本当に市場開発が出来るのか?自分の目のつけどころが間違っているのではないか?」等と信念がぐらついてくる。

知り合いやビジネスシーンで出会った人たちに自分が携わっている仕事を聞かれ、「カンガルー肉の販売をしています。」と答えると、相手のリアクションはほぼ同じだった。

いや、今でもさほど変わりないが・・・・。

怪訝な表情と眼差しで、

「えっ!カンガルーって食べていいのですか?」
「美味しいのですか?」
「どうやって料理すればいいのですか?」
「オーストラリアで飼育されているのですか?」
「捕獲していいのですか?」
「オーストラリア人は食べているのですか?」
「可愛すぎて日本人は食べないでしょう!」
「カンガルーが可哀想!」

等々・・・・。

そして最後にはカンガルー肉を販売している”変な人”のイメージを残して会話が終わるこれまでの30年間だったし、多分これからもこれは継続するのだろう。

この長い長い低空飛行中一体何をしていたのか?

数軒のレストランに肉を供給する以外特に何もしなかった。

やったことと言えば・・・・・・。

次回に続く


ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング