2016年12月21日

生涯現役という魔法=アンチエイジング

医者でも専門家でもないので理論だった立証はできないのだが、生涯現役と言う気持ちあるいは精神状態がアンチエイジングに役だっていることを実感している。

人間ドックで細かく検査すればどこか問題が見つかるかもしれないが、自覚症状としては何も異常は感じていない。

自分が30、40代の頃と比較して異なる点と言えば信じられないだろうが、

1.その頃よりジャンプ力を除いて体力(筋力)ははるかに高い。
2.したがって、その頃よりはるかに疲れにくく体が軽い!
3.俊敏性については衰えているだろうが、普段の生活では感じない。
4.年齢を重ねることにより、経験と知恵との相乗効果でその頃より的確な判断がスピーディにできるようになった。

以上の4点だろうか?

人間の精神力と体力の不思議な摂理なのだろうが、継続的に現役として体を動かしているとそれにつれて体が進化していることを感じる。

あらためて生涯現役という魔法が存在していることを認識している67歳の2016年度末だった。


 ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。ブログランキング




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/52393247