2016年06月23日

助産院

先週、娘が2人目の孫を出産した。

夜の12時頃陣痛が始まり、急いで助産院まで連れていった。
到着したのは夜1時前後。

その2時間後、夜中の3時に出産した。

待ってる間は、待合室のソファに寝転がってスマホいじりで時間を潰していると別の部屋で娘が叫び、助産師が励ます声が聞こえる。

すると「オギャー」という声が聞こえた。

さらに待つこと30分。
生後30分

綺麗に洗われてジジの前に登場!

4460gだと!!!







助産師さん達の献身的な処置に感動した。
娘夫婦だけでなく私達がリラックス出来る環境を整えながら、病院とは異なる自由度を提供してくれる。道理で娘が今回は病院ではなく助産院で出産したいと言った理由がわかった。

この環境は病院では体験できないだろう。

考えてみれば長い人類の歴史で出産は産婆さんの仕事だった。病院で出産するようになったのはここ数十年のことだろう。

カンガルーマンは自宅で産まれたし、妹もそうだった。

それがいつの間にか出産は 病院ということが常識になってしまったようだ。
娘が助産院で出産すると決めて、それを経験して目からウロコだった。

多分これからは検査は病院、出産は助産院という流れとなるのだろう。


 ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。ブログランキング


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/52375699