2016年04月25日

確信を持つ

展示会で多くの来場者に食べてもらった。

食べ物は美味しくなければ意味がない。

冷凍されたカンガルー肉を解凍して筋をとり、一口で食べられる大きさに切って塩・胡椒で軽く味付けしてフライパンで焼いて来場者に試食してもらった。

やや野生臭を感じるものの、試食したほとんどの方々の反応はこちらがカンガルー肉だと言うまでは、牛のヒレ肉だと思っていたようだ。その当時展示会でカンガルー肉が出展されているとは想像もしていなかったろうから、無理もない。

食感も軟らかく、塩・胡椒・醤油に良く合う。

食べてもらって”カンガルー肉”ですと言ってはじめて、皆さんびっくりという状況だった。

何百人いや何千人の方々に食べてもらったかは記憶が定かでないが、その時に思ったことは「日本人は好奇心の塊」ということだった。この「好奇心の塊」が多分日本経済の源になっているのだろう。

結論から言うと、試食の結果は上々だった。

そして試食なさった方々の反応をみて市場開発出来ると確信をもった。

特に肉を焼きながら、暇つぶしに表面だけ焼いて半生状態でタタキ状にして調理したお肉が大ヒットだった。ワサビ醤油につけて食べると野生臭をほとんど感じることなく実に美味い。

これが現在のカンガルーマンが常食している”カンガルー丼”の出発点となる。
カンガルー丼












ただ試食はしてもらったものの、そして多くの良い反応をもらったものの肝心のお肉の品質が商品としての域に達していない。

それでも数件のレストランが取り扱ってみたいとの問い合わせがあった。

数件でもお客様はお客様だ。

最終的には1件のレストランが正式メニューに取り入れてくれることになった。

多分このレストランが採用してくれなかったら今の市場開発には繋がっていなかったかもしれない?

当時としてはとても斬新的でユニークなレストランだった。

いわゆるエスニック料理のパイオニアと言っても過言ではないだろう。

そして、そのレストランとは・・・・・?

 ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。ブログランキング


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/52369997