2016年04月06日

それでも気を取り直して・・・・

「こりゃ売り物にならんな・・・」とは思っても何か引っかかる。

何が引っかかるのか考えてみた。

考えるにあたって取りあえず整理をしてみたところ見えてきた。

要するに本質部分と現象部分に分けてみて両方を計ってみたら道筋がおぼろげに浮き出てきた。

本質部分:
1.お肉そのものは料理方法さえ間違えなければ美味しい。
2.アボリジニが数万年に渡って彼らの主蛋白源として食べていた。つまり食肉として通用するはず。
3.カンガルー肉の人体の健康に寄与する面での研究が進んでいる。
4.食肉という見地からオーストラリアの専門家の間で既に研究が進んでいる。
5.オーストラリアの一部のシェフがレシピー開発に取り組んでいる。
6.オーストラリアl政府が資源として考慮し始めている。
7.カンガルーはオーストラリアにしか存在しない。

現象部分:
1.商品としての規格が出来上がっていない。
2.商品としての品質が劣悪。
3.カンガルー肉用加工工場の設備が整備されていない。
4.一般では食肉として認知されていない。当時は動物の餌だった。
5.カンガルー肉を食肉として加工・流通させようとするグループがオーストラリアに存在している。

これらのポイントを検証してみたところ、さまざまなハードルが予見されるものの当初の予定通り市場開発に取り組むべきとの結論に達した。

要するに、 規格や品質は現象面の問題であっていくらでも改良の余地があるからだ。

そこでたまたま知り合いが食品展示会に出品するとの話を聞き、相乗りさせてもらうことにした。

入場者に実際に食べてもらって、皆さんの反応を見てみたかったからだ。

30年以上前のことである。

さて、その当時の消費者や食品関係者の反応はどうだったか? 

 ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。ブログランキング



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/52368014