2014年10月14日

富の偏在

連休を利用してフィリッピンに行ってきた。
Living & Dining roomGardenGarden
















滞在した家。
ドライバー、メイド、庭師が家の主を支えている。

非常に快適で過ごしやすかったのだが、一般のフィリッピン人の家とは雲泥の差がある。

この国は少数のフィリッピン人金持ち、外国人、少数のフィリッピン人中流階層と大多数のフィリッピン人下層階級からなっているようだ。

そしてフィリッピン人金持ち、外国人とフィリッピン人中流階層、大多数のフィリッピン人下層階級の間には大きくてとても厚い壁がそびえたっている。

この壁が崩れない限りこの国の人たちが私達日本人と同じような生活レベルに到達できるかは、疑問だ。

とは言っても、このように物質的に恵まれているからといってこうした家の主たちが幸せだと言う確証はない。

もし可能であれば普通のフィリッピン人家庭にも滞在して、両方の生活を体験してみたかった。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/52306393