2012年06月01日

疑似自由民主党

ある新聞が、現在の民主党のことを「疑似自由民主党」と呼んでいたがまさにその通りだ。

何のための政権交代だったのか?

自民党の政策を散々批判しておいて、政権を取ったらつまるところ何も出来なかった。

結局は政治の空白を招いただけではなかったのか?

世の中には批判することは得意だが、いざ実行となると実力が伴わない輩が多い。

民主党はまさにその典型だろう。

私達国民は今回の政権交代が招いた混乱を戒めとして、近い将来実施されるであろう選挙に臨まなくてはならないのだろう。

どの政治家が正しい事を述べ、しかも実行力があるかを見極めることが大事だ。

国民が次の選挙で間違った選択をした場合、日本の将来に致命的な結果を招くだろう。

現在の社会・政治・経済状況を見渡した場合、次の間違いを許す余裕は無くなった、と言っても過言ではない。

賢明な選択が今ほど求められている時代はない。


ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/52101259