2011年05月07日

ビンラディン

細かいことは抜きにして、今回のビンラディン射殺には納得できない点がある。

彼が悪者であろうと、テロリストであろうと、主権国家であるはずのパキスタンに暗殺部隊を送り込んで、射殺してしまう。

このような理不尽がまかり通ってすむのだろうか?

自由と民主主義を標榜するアメリカではなかったのか?

自分の気に食わないやつは、力でねじ伏せる。

そして「自分は正義」だと主張する。

まるでヤクザではないか!

ヤクザ国家アメリカがのさばっている世界。

それが今の世界だ。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/51987171