2011年03月24日

私達ができること

大震災が起きてからほぼ2週間が経った。

被災地の皆さんは今でも大変な思いをなさっていることだろう。

今朝は福島県にある取引先の担当者と話をした。
工場の電気が切れているためにしばらくは生産が再開出来ないとのことだった。

それでも数日前から出勤して出来るところから作業を開始しているとのことだった。

いろいろと話をしている中で、この「出来るところから・・・」という言葉に自分の脳が反応した。

そう、「出来るところから・・・」

それで、その担当者に「道路も開通したし来週お伺いして何かお手伝いさせてください」と言ったのだが、人手は十分なので必要ないとのことで断られた。「そのかわり工場のスタンバイができたら迅速に稼働できるように準備を整えておいてください。(つまり滞りのない材料供給)」とのことだった。

今ここで自分が出来ることは、

いつも通り仕事と日常生活を続け、節電に気をつけ、無駄買いせず、募金先を確かめたうえで必要なら可能な範囲で募金をし、そして支援活動に協力することなのだろう。

改めて感じることは、3月11日を境に日本の空気がガラッと変わった。ある意味、天災を通じて歴史の大きな変化を経験しているのかもしれない。

しかし、その変化を通しながら「自分にそして私達に何が出来るか?」を自問することになるのだろう。


ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/51970851