2011年01月24日

リリピリーズ(Lillipillies)

リリピリーズ

Lillipillies

 

リリピリーズ

多くの種類のリリピリ-ズが、多雨林・森林地帯や都市部の講演・庭で見られます。自然環境の中では、背の高い木で果実は地面に落ちて表面をピンク、紫あるいは白に彩った時のみ入手可能です。リリピリ-ズは、少しでも空きスペースがあると大きく広がった形に成長し、低い枝に付いている実は熟して地面に落ちて傷つく前に簡単に収穫する事ができます。

 いくつかの特徴を把握することで木を見分けるのはそれほど難しくはありません。葉っぱは、一般的に色、艶、形、手触りの面でアジアカメリアに似ています。通常、底面の色は浅くオイル腺が散らばっています。実の色は同種でもさまざまな色がありまた大きさも異なっています。






リリピリーズ2葉っぱの小さいリリピリ-ズ(Syzygium luehmannii)には、赤いピンク色の西洋梨の形をした1cm弱の大きさの実がなります。ノーザンラブアップル(S.suborbiculare)は、ピンク、赤かあるいは縞模様になっており、直径7cmくらいの大きさに成長します。



リリピリーズ3

全てのリリピリーズはスイカのようにシャリッとした歯ざわりで、味は非常に酸っぱくて食用になりそうにないものからシナモンやチョウジ(クローブ)のように強い風味のものまでさまざまです。オーストラリアのチョウジ(クローブ)は、モルッカ(Moluccas:S.aromaticum)に属するSyzygium種の一種です。








栽培したり採集したりするのに興味深くまた味の良い種類は以下の通りです。

 

  スクラブチェリー Scrub cherry(S.australe)

  ペーパーバークサティナッシュ Paperbark Satinash(S.bungadinnia)、ケープヨークのアボリジニにとって重要な季節の常食です。

  バンピーサティナッシュ Bumpy Satinash(S.corniflorum)、老木の実をつけます。

  ホワイトアップル (S.forte)、美味しい果物

  スムースバークローズアップル(S.hodgkinsoniae)

  スモールリーブリリピリー(S.luehmannii)、ケープシーからクックタウン渡って生育しています。

  テースティ(S.minutuliflorum)

  ブルーリリピリー(S.oleosum)、多分最も風味が良いでしょう。

  マゼンタリリピリー(S.paniculatum)、シドニー地域で最も一般的に栽培されています。

  ブッシュアップルまたはホワイトアップル(S.suborbiculare)、最近シードレス(種無し)が発見されました。

  リバーチェリー(S.tierneyanum)

  S.wilsonii別のおいしい種類。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/51948918