2010年11月08日

尖閣漁船衝突事件

今さらながら遅い投稿なのだが、これって立場を変えて改めて検証することも大事なのではないか?

要するに中国人サイドから今回の事件をどのように見てるか?

彼らにとっての前提は、尖閣諸島は自分たちの領土であるということだ。

そこに武器を持った日本の巡視船が侵入して漁船を追い払おうとした。
それに対して、丸腰の漁船は体当たりして巡視船の横暴を食い止めた。

結果、船長は日本官憲に拉致されてしまった。

船長が釈放されたのは、日本の巡視船が領海侵犯して非は日本側にあったのだから当然の処置である。

こういう構図だろう。

船長は日本側の領海侵犯を体を賭して防いだ形になっており、しかも日本政府が船長を釈放したことで巡視船の領海侵犯の非を認めさせた英雄と扱われて当然だ。

というような心理を中国一般国民の中に芽ばえさせようとしているのだろう。

こうなると第2、第3の体当たり漁船が出てくるのではないか?体当たりしても日本の巡視船は逮捕できないということを見越して領海侵犯してくる。

なんせ彼らは中国の領土だと思っているから悪いことをしているとは思っていない。

悪いのは、中国領海を侵犯している日本の巡視船だと思っているから始末に負えない。

という流れと背景を十分考えたうえで尖閣問題は解決してゆかなければならないのだろう。

ビデオを公開したのは誰だとか、それはけしからん等と枝葉の部分で騒いでも時間の無駄だ。

問題は、中国は既に尖閣諸島は中国領であるという既成事実を作ってしまったことだ。

その証拠にこの船長は罰を受けていないし、釈放されてしまったのだから・・・・・。

そして繰り返すが釈放したことで日本政府は自らの非を認めてしまった。

つまり領海侵犯したのは日本の巡視船だと・・・。

これが問題だ。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング



この記事へのトラックバックURL