2010年11月04日

オニギリ

青空

素晴らしい青空だった。




30日の日曜日に、練習の合間に食べようとコンビニでオニギリ1個とコロッケを買った。

夕方近くになって小腹が空いたのでバッグからオニギリを取りだして包装紙を開けたらノリが湿ってる。おかしいなと思いながらも巻いてかぶりついた途端異臭が口に広がった。思わず吐き出して、賞味期限をみると10月24日となっているではないか?

帰りにそのコンビニに寄って、食べかけのオニギリと賞味期限の入った包装紙を見せて店長に抗議した。

店長は「そんな、不可能です」と。
「だけど現実にここに食べかけのオニギリとレシートがあるんだよね」
「ほんとだ。ここで買った記録がありますね。スミマセン」
「これから気をつけてな!」といってその日は帰宅。

翌日その話をカミさんにすると、「あんた、何言ってんの。それ先週買ったオニギリを食べ忘れたんじゃないの?そしてそれをそのままバッグに入れっぱなしにして、それを食べたんでしょう」

「う・・・・・・む。だけどその日に買ったオニギリはバッグに入ってなかったんだよ」と反論をしてみたのだが・・・。

「何言ってんのよ。きっとその日に買ったオニギリはお昼で食べて覚えていなかったんでしょ」ときた。

ここまできて、カミさんの論理がかなり正しいように思えてというか、ほぼ自分の間違いだと確信するに至る。

そして昨日は素晴らしい青空で、ビーチに向かうのだがどうも胸がモヤモヤしてしょうがない。

それで行きがけに、そのコンビニに立ち寄ることにした。

店長は不在だったのだが、食材陳列担当のオバサンと話ができた。

「斯く斯く云々・・・・・」と説明をしたところ、オバサンに人騒がせオヤジと叱られるかと思ったが、そのオバサン目に涙を半分ためて逆に喜んでくれた。

おかげで気持はサッパリし、さらに素晴らしい青空と、練習を楽しむことが出来たビーチであった。


ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング



この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
心あたたまるエピソードですね。
あとからちゃんと本当のことを言いに行ったカンガルーマンさんもお店のオバ・・・いやお姉さまも『人』としてとってもステキです。

そして、カンガルーマンさんの奥さんもナイスつっこみです(笑
Posted by ミナ at 2010年11月09日 12:59
ミナさん、
コメントありがとうございます。
あのまま放りっぱなしで、何も言わないでビーチ行ったら練習も青空も楽しめなかったと思います。謝りにゆくのはかなり勇気要りましたけどね(笑)
Posted by カンガルーマン at 2010年11月10日 00:11