2010年04月30日

携帯、ETC、ナビ

本来なら、「どこへ向かっているのか?」の続きを書く予定だったのだが、予期せぬ事態が起きたのでその件について述べてみたい。

携帯、ETC、ナビに依存した生活の脆さを実感した。

先週末のことだった。

普段はETCとナビのついた車を運転している。
ところがその日に限って、カミさんのETC,ナビ未装着の車で高速を走ることになった。

気持ちよく運転していたのはいいのだが、料金所で習慣に従ってETCレーンに入ってしまった。間違いに気付いた時には後続車が4、5台繋がっている。

慌てて車を降り、現金で係の人に料金を払いゲートを上げてもらった。

ナビがないものだからアチコチで止まりながら、道順をききながらやっと目的地に到着。

到着の報告を家にしようとしたら携帯が見つからない!車の中、カバンの中、ポケットをチェックしても見つからない。

多分高速料金所で落としたのだろうと思い、電話しようと思っても目的地のどこにも公衆電話が置いてない。

しかたなく、知り合いの携帯を借りて自分の携帯に電話を入れても繋がらない。

そして料金所に問い合わせたところ、

「ああ、あのレーンね。確か何か黒っぽいものの破片が散らばってましたよ。」とのことだった。

これで携帯が破壊されたことを確認。

ここでハタと気がついたことは、その日の午後複数の知り合いと電話とメールのやり取りをすることになっていた。

が、全く連絡の取りようがない事を認識。

自宅の番号ではなく、彼らの携帯メールと番号のみしか分からない。

連絡の術が完全に消滅してしまった。

目的地での用事が終わったのが夕方。

それから携帯ショップに行って新たな機種を購入しようとしたが手続きに時間がかかるとのこと。

結局、昔の携帯電話を家から持ち出してそれが使えるようになったのが午後の8時だった。

その間、携帯サーバーに留守電3つとメール8つが蓄積されていた。

現在困っていることは、携帯が壊れたことでここ2年くらいの間に携帯情報を交換した方達の情報が全て消えてしまったことだ。

次回偶然顔を合わすか、メールを頂くことがない限り、こちらから連絡することができない。

携帯、ETC、ナビに頼り切った生活から、これらのない生活に戻ることがいかに大変かを身にしみて感じた1日だった。

便利な生活はいいのだが、一旦それらがなくなってしまうと何も機能しないというか麻痺してしまうのが現代の生活様式となっている。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/51834255