2010年04月13日

ルースタミナ丼

やや疲れ気味の時にはこれに限る。
ルースタミナ丼

普通は卵の黄身は乗せないのだが・・・・。



タタキ状にしたルーミートと卵の黄身が良くマッチングする。

これも作り方は簡単。

ルーミートヒレを自然解凍してドリップを完全に除去することが大事。

あとは、お肉に塩コショウを塗りこんで、ごま油かオリーブオイルでマリネする。

マリネしておいたお肉を強火のフライパンで火を通し、表面が狐色になった所で取り出して手で触れる程度に冷ます。

お肉を繊維と直角になるように3-5mmの厚みに輪切りして、ご飯の上に並べる。

写真のように青ネギを乗せて、好みに応じて卵を入れても良い。

今回はソースはワサビ醤油を使用。

ルースタミナ丼の欠点は食が進みすぎること。

ただ、お肉に脂肪がほとんどないので、お腹に持たれることがないところが最大の長所。

ルーミートの美味しさは食べたことのある人にしか分からない。
天然ミート(野生肉)ならではの軟らかいけれども腰のある歯ごたえは他のお肉では味わえない。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/51824455