2010年01月12日

HIROSHIMA

今大ヒット中の映画「アバター」のジェームス・キャメロン監督が広島の原爆をテーマにした映画構想をしているそうだ。

http://www.joblo.com/index.php?id=30323

もしこの構想が実現すれば世界に大きなインパクトを与えるだろう。

尤も、ハリウッド的内容だったらガッカリだろうが。

監督に取り組んでもらいたいのは:

1.出来るだけリアルにそして忠実に原爆被害の怖さを伝えること。
2.原爆投下に至るまでのプロセス、特に原爆を落とすことを決めた意思決定のプロセスを描くこと。
3.既に公開されている資料によると投下決定に至るまでの科学者・軍人・政治家との具体的やりとりが記録として残っているので、それらを加味すること。
4.投下直後の地獄絵を忠実に再現すること。

どのようなストーリー展開になろうともこれらの四つの要素を必ず入れて欲しいものだ。

そうでないと気の抜けたコーラ、いやありきたりのパニック映画になってしまう。

まあ、ありきたりのラブストーリーパニック映画の方が一般受けはするかもしれないが・・・・。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/51782977