2009年10月08日

43年ぶりの帰国

ベトナム戦争中に行方不明となった元アメリカ兵の遺体が生まれ故郷に戻ったとのこと。生きていれば68歳になっているそうだ。

戻った場所は、ネブラスカ州ローレルという人口900人の田舎町。

カミさんの故郷でもある。

以下はその時のセレモニーというかパレード。

http://www.youtube.com/watch?v=Dxzgl5HUA4A

このビデオを観て思うことは、

アメリカ人は軍事的オーラをカッコよく偽装させる演出が巧みだ。

同じようなことを日本人がやったらどうなるだろう。
関係者は、国内だけでなく世界中から袋叩きにあうのだろう。

因みに、このローレルという町は平日でも100-200m間隔で通りに星条旗がはためいている。

日本の右翼も、拡声器でがなりたて軍歌を流すだけでなく、こういう演出を見習ったらもう少しイメージが変わるのでは。

ルーミート(カンガルー肉)とダチョウ肉がより身近になりました。
大庄グループ
「よろこんで庄や」、 「大漁日本海庄や」、「やるき茶屋」「新やるき茶屋」

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/51734412