2009年07月15日

試食会

昨日、マスコミの記者向け試食会をオーストラリア大使館で開催した。
大使
オーストラリア大使が出席してくれた。
そしてスピーチまで。
とても有難い。



試食会
学校の先生になったつもりで試食の前に今回の趣旨と、肉の話をする。

居眠りする人が居なかったので一安心。



試食会2

皆さん、かなりリラックスした感じだ。




ルーパワーサラダ
カンガルーマンが時々自宅で食べている

パワーサラダ。



ルートマトシチュー
これもまた、自宅で愛食している

トマトシチュー。



ダチョウたたきステーキ
そして最後は、

ダチョウたたきステーキ。



これまではレストラン中心でお肉の紹介をしてきたが、これからはマスコミの皆さんに広く認識していただく作戦を開始。

今回強調したことは、ルーミート(カンガルー肉)やダチョウが食肉であるということと、低脂肪・高タンパクそしてクリーンな食肉であるということだった。

幸いなことに意地悪な質問もなく、また皆さんお世辞かどうか分からないが「美味しい」といってお帰りになった。

中には早速ブログで紹介してくださった記者のかたもいたようだ。

ある新聞社は今週には記事にしてくださるとのお話だった。

これから徐々にマスコミを通じてお肉の正しいイメージが浸透してくれれば多くの消費者がお肉の健康面での恩恵を受けることになることを期待したい。

何といっても、現在のカンガルーマンがビーチバレーライフを送れるのはルーミートのお陰なのだから・・・・・。

良いことはできるだけ多くの方々に広めたいのがカンガルーマンの信条の一つだ。

ルーミート(カンガルー肉)とダチョウ肉がより身近になりました。
大庄グループ
「よろこんで庄や」、 「大漁日本海庄や」、「やるき茶屋」「新やるき茶屋」

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/51691724
この記事へのコメント
新しい食べ物がよいものだったとしても、浸透していくには時間もかかりますよね。とくに今の日本人は国産外国産の食品の安全、安心にかなり敏感になってますからねぇ〜

でもおいしいと言っていただけてまずは順調な感じですね〜おいしさをしっていると羨ましいくらいたっぷりと参加者は堪能されたのでは?(笑)
Posted by めろり at 2009年07月20日 09:49
めろりさん、
そうですね時間がかかります。
アメリカで一般の人に日本食がある程度受け入れられるまで10-15年かかりましたからね。シツコク、シツコク、浸透するまで続けます
Posted by カンガルーマン at 2009年07月20日 21:14