2009年07月07日

チューインガム

基本的に細かいことはあまり気にならない穏やかな人間だと自負しているのだが、今日は少々参った。

通勤途中の電車の中で、隣の男性がクチャクチャやっている。

最初は新聞に集中していたのであまり気にならなかったのだが、そのうち耳障りになってきた。気にしだすと、今度はそればかりに神経がいってしまう。

折角、コーナーの座席で心地よく新聞を読んでいたので席を立つのも癪にさわるしで、我慢していた。

かといって、当人に「ガムを静かに噛め。」と言う度胸もない。というか言った所で、「そんなの俺の勝手だ。ガムの噛み方に指図を受ける筋合いはない。」と言われて終わりだろう。

ということで最終的には座席をあきらめてその男から離れて立つことに・・・・。

その人は普段からガムを噛むときはクチャクチャやるのが癖なのだろうが、朝の通勤電車ではやめてもらいたいものだ。

こういう時は、相手に注意するのが普通なのだろうか?それとも、ストレスをためたくないのでカンガルーマンのようにおとなしく尻尾を巻いて他に移動するのが普通なのだろうか?

ルーミート(カンガルー肉)とダチョウ肉がより身近になりました。
大庄グループ
「よろこんで庄や」、 「大漁日本海庄や」、「やるき茶屋」「新やるき茶屋」

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/51687430