2008年10月21日

ママさんプレーヤー達

この前は若い女性たちと付き合うことの効用を紹介したが、今回はママさん達。
ママさんプレーヤー
時々一緒にバレーボールをやっているママさんプレーヤー達の飲み会に参加。




これはこれで得るところが多い。

食材を商売としているカンガルーマンにとっては貴重な情報源だ。
30、40代の主婦は日本での食材購買層の主流を占めている。

彼女たちの食欲、家庭の話題、食に関する関心や料理傾向、育児問題等々、黙って聞いているだけで、下手なセミナーに出席するよりもはるかに価値がある。

マーケットリサーチには最高の場だ。

こうした場所に入れて、彼女たちの本音を聞けるというのもバレーボール馬鹿だからだろう。

ビーチバレー、バレーボール万歳!

そしてママさんプレーヤーの皆さんありがとう。

自分よりはるかに若い彼女たちも、カンガルーマンにとってアンチエイジングの大事な要素となっている。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 


手軽にダチョウ肉とルーミートが食べられるようになりました。
庄や””大漁 日本海庄や

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
こんにちはぁ。

ママさんバレーチームはいいですね♪

そうですよね。食材紹介にはやっぱり女性のこんなグループが一番ですよね。
バレーやっててホントに良かったですね!
Posted by イヴォンヌ at 2008年10月23日 17:20
イヴォンヌさん、
こんばんは。コメントありがとうございます。
そうです。バレーやってなかったら彼女らの本音の部分を聞く機会がなかったでしょう。とても勉強になります。
Posted by カンガルーマン at 2008年10月23日 22:41