2008年07月30日

オーストラリアの薫り

2日続けてオーストラリアの話題。

オーストラリアを語る時には、風景、音楽、動物・・・・等いろいろあるが、オーストラリアの薫りも見逃せない。

Rainforest Rubはオーストラリアを感じさせる香りを持っている。
Rainforest Rub3
レインフォーレストラブというスパイスだ。

肉、魚、サラダ等何でも使える万能スパイス。

オーストラリア固有のスパイス(レモンマートル、レモンアスペン、ペパーベリー)に唐辛子とゴマをミックスさせてある。



Rainforest Rub
早速、ローストポークで使ってみた。

ほのかなレモンの香りとまろやかなゴマの風味にチリの辛さがうまく絡み合っている。


Rainforest Rub2夕食は、豆腐サラダ、ローストポーク、それにご飯の代わりにクスクス。

かなりエスニックなスタイルだが、皿の上をオーストラリアの薫りが漂っている。


醤油を使うと、日本の薫りを醸し出すのと同様に、オーストラリアのネイティブスパイスを使うと現地の馨りが出てくる。

アボリジニの知恵を活用して現代のスパイスマスターVic Cherikoffが作り上げた万能スパイスはカンガルーマンにとって欠かせない。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/51465918