2008年05月28日

こんなの有り?

昨日の新聞だったと思うが、以下の内容の記事が目にとまった。

成田国際空港を管轄する東京税関成田税関支署(田中万平支署長)は26日、麻薬探知犬の訓練で一般旅客のスーツケースに隠した本物の大麻樹脂124グラムを紛失したと発表した。支署が旅客に問い合わせたところ、発表から約9時間後に東京都内のホテルに滞在していた男性のスーツケースであることが分かり、大麻樹脂もそのままの状態で発見された。

 支署によると、大麻樹脂は25日午後3時31分に香港から到着したキャセイパシフィック航空520便の旅客の黒色ソフトスーツケースのサイドポケットに、金属容器に入れて隠した。所有者は控えておらず、訓練があることも知らせていなかった。

・・・・・・・・・。

少なくとも、税関サイドで発表したから衆智の事実となったのだが、この事件はとても恐ろしい状況を暗示している。

1.税関は乗客の荷物を勝手に開ける事が出来、細工をしようと思えばいくらでもできるということを証明した。
2.ということは、国が気に入らない人物を罪に陥れようとしたら簡単に出来るということだ。
3.発表したといっても、多分この事実を隠しきれないと思ったから公表したとしか思えない。

これって例えば国に目をつけられている言論人がいて、たまたまハワイから帰国した時に、税関で身に覚えのない麻薬保持で現行犯逮捕等ということもありうることを暗示している。

一旦現行犯逮捕されてしまえば、それを覆すのはほぼ不可能だということは幾多の冤罪事件でも証明済だ。

また逆に出国時に麻薬をスーツケースに入れられて、麻薬に厳しいシンガポール辺りで発見され現地で死刑なんてことも可能ではないのか?

国はプライバシー保護だとか何とか奇麗ごとを言っているが、いみじくもこの事件が意味していることは、こと国の立場・権力者サイドからみた場合一個人のプライバシー等ゴミのかけらほどにも思っていないことがわかる。

紛失しなければ、公表せずこれからも私達が知らないところで勝手に中身を開けて、いろいろ細工を続けていったことだろう。

多分、麻薬探知犬担当者は上司に細工をしたことを責められるのではなく、紛失して公表せざるを得ない状況に追い込まれたことを責めれらているのだろう

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング  
 



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/51413605
この記事へのコメント
以前、大麻を他人に持たされて逮捕されるという話を聞いたことがありますがこれはもっと怖いですね!
Posted by イヴォンヌ at 2008年05月30日 21:16
イヴォンヌさん、こんにちは。
権力というものは正し行使されれば素晴らしい、道具ですが誤って使われると多くの人々が苦しみます。そうならないように責任ある人たちは権力を行使してもらいたいものです。
Posted by カンガルーマン at 2008年06月01日 18:16