2008年02月25日

お騒がせ男ー三浦和義

ロスの銃撃事件がマスコミで騒がれていた頃から、カンガルーマンは個人的にはこの男が犯人だと思っていた。最高裁で無罪を勝ち取った時にはかなりビックリしたことを記憶している。

そして今回の、サイパンでの逮捕劇だ。逮捕される前には万引き事件などでも世間を騒がせている。新聞によると三浦氏の弁護士はアメリカ領土に行ったら逮捕される可能性があることを当人に警告していたらしいから、その可能性も織り込み済みでサイパンに行ったのだろう。

これからの推移と結果は、専門外なので黙ってみてゆくしかないのだがつくづくこの人は何らかの形で社会を騒がせてないと気のすまない性格なのだろう。

それはそれとして、今回の逮捕劇で思ったことがある。

例えば、あるアメリカ人が日本国内で殺人を犯して本国に戻り逮捕され、裁判にかけられたことを想定してみよう。そして裁判の結果無罪を勝ち取ったとする。それから再度日本に入国して、日本の警察がそのアメリカ人を逮捕し裁判にかけようとした場合、アメリカ政府とアメリカ世論はどのような反応を示すのだろうか?

*アメリカの司法・警察制度を侮辱する行為として日本の警察を糾弾するのだろうか?

*それとも、真実解明と正義を優先して日本の警察と司法の手にこの人間を委ねるのであろうか?

こうして事も含めて、今後の日本政府、警察および司法責任者の対応を注視してゆきたい。

制度の違いと当人が限りなくクロであったとしても、一度日本で、しかも最高裁で無罪と決まった人間を他の国の警察が逮捕し、その国で裁判にかけるとは、これは完全に日本の司法的判断を否定する行為ではないのか?

個人的にはこの件については真相を究明してほしいという気持ちがありながら、同時に今回の逮捕には釈然としない思いを持ったカンガルーマンだ。

そういった意味では、このお騒がせ男ー三浦和義氏は一つの問題提起をしてくれたことは事実だ。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。

ブログランキング



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/51323492