2007年08月30日

真実はどこに?

バスを降りたら、家の前でパトカー、救急車、野次馬がいっぱいいる。

どうも事故があったようだ。高校生らしい若者が救急車に運び込まれるところだった。
パトカー

パトカーは他に3台いた。

あとは救急車が一台。










おまわりさん


お巡りさんは全部で10人くらいだったか?

他に野次馬が20人ほど。









バイク


事故をおこしたバイクとヘルメット











もっと写真を撮ろうとしたのだが、途中でお巡りさんに遮られてしまった。

*なんで写真を撮ってはダメなんだ?

野次馬に混じって状況を見ていたら:
怪我をした若者の友達らしい女の子(ヤンキーっぽい)がお巡りさんに大声でくってかかっている。

「免許を持ってるのになんで追っかけんのよ・・・・・・・?」
お巡りさんの声は小さくて聞き取れない。
そこでいろいろ、女の子やその友達、そしてお巡りさんがやり取りしている最中にパトカーのスピーカーから野次馬に向かって状況説明?がなされている。

「ここに倒れているバイクとその持ち主は、バイクが歩道を走っている時にそこを通っている歩行者を避けようとして転倒した模様です。その状況を目撃なさった方がいらっしゃいましたらお知らせ下さい」と言っている。

「エーッ・・・・・!?たったこれだけの事にどうしてパトカーが5台も必要なんだ」と思いながら、家に帰ってカミさんにその話をすると意外な答えが返ってきた。

カミさんが言うには、家の前をバイクがけたたましい音をたてて走りすぎ、そのすぐ後をパトカーがサイレンを鳴らして追いかけていたということだ。

どうも警察が言っている事と、カミさんや女の子が言っている事には何か食い違いがあるようだ。

真実は自分が直接目撃したわけではないのでどこにあるか知らないが、最近の警察の不祥事を聞くにつけて上記の警察のアナウンスには?をつけざるを得ない。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 



この記事へのトラックバックURL