2007年03月25日

アマチュア格闘家達

今日は娘のボーイフレンドがアマチュア格闘技トーナメントに出場ということで応援に行ってきた。アマチュアとはいいながらも、選手達の技量や、体つきを見ていると半端ではない。

今回参加した試合はKAMINARIMON階級別トーナメントとのことだ。

Fight1


リングに上がる前のボディチェックか?

鍛え抜かれた体をしている。

大学生だ。




Fight2


試合開始直前、レフリーの説明を聞いてグローブを合わせる所。







Fight3
今回初出場という事もあり、かなり動きがギクシャクしている。実力の半分も出ていないのではないか?
残念ながら判定2−1で敗退。

しかし、今回のレベルで新人でしかも初出場で判定3−0でなかったことは凄い事らしい。

あと今回は立ち技のみの打撃系で、得意のレスリングで鍛えた寝技が使えなかったことはハンデだったのではなかろうか?


Fight4
手前の黒いシャツを着ているのはスクールの先輩。

この人はものすごく強かった。

最後まで見なかったのだが、70kg級で優勝したのではないか?

とにかくめっぽう強かった。



最近ではビーチバレーでもそうなのだが、アマチュアといえどもプロになれそうな人達をさまざまな大会でみかけるようになった。そして彼らも鍛え抜かれた体と素晴らしい技を持っている。

こうしてみると世の中が便利になった分、時間的余裕が出来てくる。そしてその余った時間を有効に使うことによって趣味や好きな事に打ち込みその分野のエキスパートになることも可能な時代が到来しているようだ。

今日のトーナメントに出場している選手達をみてアマチュアだからといって彼らが半端な努力ではなく、ものすごい鍛錬と練習を積んでいる。

カンガルーマンも自分の年齢と体力に相談しながら年寄りアスリートの道をさらに究めようと新たに気持ちを奮い立たせた日曜日だった。

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/50719119
この記事へのコメント
おおおー。
格闘技、格闘技ーーー!
ボクシングをはじめてみたら
3分って長いなぁ、っと思う今日このごろ。
なわとびは3分で即死です。
Posted by チャラコ at 2007年03月26日 19:15
>チャラコさん、こんばんは。
続けてゆけばそのうち3分では物足りなくなってくるのではないですか?
Posted by カンガルーマン at 2007年03月26日 23:12