2007年03月23日

整理していたら・・・・

一人暮らしが長く続くと夜は結構暇になってくる。

TV を見る気もしないし、かといって活字を読む気にもならない。

そういう時は何をするか?

いろいろと整理を始める。今夜は暇つぶしに写真の整理をはじめた。

と、その中に小学校の時の卒業アルバムが埋もれていた。そうなると整理はそっちのけで、卒業アルバムの写真や、通信簿や、日記などを読み始める。

卒業アルバムの写真。
卒業式校長先生、担任、教頭先生を中心にアルバム用に撮った写真。

何と!校長先生の横の男の子と教頭先生から二人目の女の子も裸足。


卒業アルバム
ここでは前列の全員が裸足。
ということはクラス全員が裸足ということだ。

カンガルーマン自身、中学一年までは学校に靴を履いて行った記憶が無い。

誤解しないでいただきたいのは、靴を持ってないから裸足ではない。靴は持っていた。しかし、日常生活の中では裸足が普通だったのだ。

朝学校に出かける時は、裸足のまま家を出る。そして学校ではそのまま授業を受け、遊んで、家に着いたら土間でチョコチョコと足を拭いてそのまま家の中に入る。それでも咎める者はだれもいなかった。

これは裸足で過ごそう運動とかの結果でもない。とにかく裸足が普通だったのだ。

道路が舗装されているわけでもなく、道はほとんどが砂利道だったに関わらず怪我をした記憶が無い。

逆に霜柱の立った道を学校に行った記憶は残っている。

このような生活をまたリバイバルさせたらどうだろう?

ひょっとしたら子供達にいい影響を及ぼすかもしれない。

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

 



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/50717862
この記事へのコメント
こんばんは、カンガルーマンさん。

こちらも基本は裸足です。
学校や外をで歩く時は靴または、つっかけ。

それ以外はバレーも裸足!
Posted by eriko at 2007年03月25日 20:07
erikoさん、こんばんは。
マーシャルは気候も暖かいので裸足のほうが便利で気持ちいいでしょうね。
私が20代にカリフォルニアに住んでいた頃も裸足で過ごしていた時がほとんどでした。
Posted by カンガルーマン at 2007年03月25日 23:47