2007年01月30日

およよ!?過ぎたるは・・・・

郵便局に振込みに行った。
入った途端、局員が「いらっしゃいませ」ときた。

ふんふん、なかなか気持ちいいではないか。

番号札を取って待っていると「・・・・さまー」と呼ばれた。

そして受け付けカウンターに行くと、
何と!局員が居酒屋の店員並みに”両手を臍のあたりに組んでお辞儀”をし、「いらっしゃいませ。後ほど、お名前をお呼びしますのでおかけになってお待ちください。」とのたまうではないか。

言葉使いはいいとしても、この両手を臍のあたりに組むのは余計じゃないのか?他の客の場合はどうか知らないが、気色悪い。

横柄なのは論外だが、ここまでやられるとこれもまた????となってくる。

そういえば、近所の病院もそうだ。

名前を呼ばれる時に「・・・・さまー」となっている。普通に「さん」づけで十分だと思うのだが、郵便局長や病院長がそういった振る舞いをするように指導しているのか?

要するに言葉と振る舞いだけは丁寧だが、心と気持ちがこもってないように見えるから気色悪く感じるのだろう。

気持ちがこもっていれば、ごく普通の自然体でいいと思うのはカンガルーマンだけか?

過ぎたるはなんとかだ・・・・。

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/50676323
この記事へのコメント
そうですね。郵便局とか医者とかの態度って昔と比べると、
あんなに横柄だったのに・・と思うことが多々ありますよね(笑)

これも時代が変わったからでしょうかね!?
Posted by イヴォンヌ at 2007年01月30日 14:19
イヴォンヌさん、こんにちは。
おっしゃるとおり時代の流れだと思います。
郵便局にせよ、病院にせよ競争が激しくなったこと、また一般庶民がそういった事を望んでいる結果かもしれません。あと、横並びの安心感もあるのでしょう。
Posted by カンガルーマン at 2007年01月31日 13:04