2007年01月17日

2007年は不安定な年

だそうだ。

昨日、中小企業の経営者の集まる勉強会に出席した。
この日の講師は易学の先生。
中技振
かなり有名な先生だそうで、参加した経営者の中にもこの先生のファンが居た。


いろいろ難しい易学の論理説明(難しくてほとんど理解不能だった。)と今年一般の世相占いをしてくれた。





こ
そして今年を象徴する文字は左記の写真の通りで、「こ」と呼ぶのだそうだ。

皿の上に虫が三匹乗っている。

この文字が意味するところは、皿の上に虫が乗せてあり、これらの虫がお互い争って、食い合い、そして皿までも食べてしまうとのことだ。

 

平たく言うと、「今年は、グチャグチャの混乱の年になる。そしてこうした混乱の時こそ事業家や企業家にとっては大きなチャンスが訪れる。ただ、それをチャンスとするにはいつでも混乱に対応できるように、新しいアイデアや企画そして資金を準備しておかなくてはならない。これらを怠ると混乱の渦に巻き込まれてしまう。」そうだ。

聞きながら、カンガルーマンは思った。

「混乱の時に限らず、積極的で前向きな事業家は常に臨戦態勢でいるのでは・・・」そして「こうして新年の集まりで易学者を講師で呼んで話を聞くという現象は、合理主義者であるはずの経営者や事業家達でさえも、何かしらの不安を感じている時代なのか?」と・・・・・。

今年の年末にはどのような結果が出ているか楽しみだ。

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/50667577
この記事へのコメント
そうなんですか、今年は混乱の年なんですね。

個人的には星占いでも中国占星術でも今年はいいって
書いてあったので、大きなチャンスをつかめるといいなぁと
思っちゃいました(笑)
Posted by イヴォンヌ at 2007年01月18日 21:59
イヴォンヌさん、こんばんは。
先生は、混乱の年だからこそその心構えをしていればチャンスだと言ってましたよ。だから大きなチャンスがイヴォンヌさんには待ち構えているかもしれません。
Posted by カンガルーマン at 2007年01月18日 22:34