2006年12月19日

世界地図

カンガルーマンの趣味と言うか時間つぶしに世界地図を眺めてあれやこれやと夢想することがある。

いつものように地図を眺めているとまたまたくだらない事を考え始めた。

どういうことかというと:

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 


いろいろ言われているが、今でもアメリカが世界の指導的立場にあることは否定できない。

しかし、地図を眺めているとその指導的立場がかなり崩壊しているような気がしてならなくなった。いや、アメリカは既に世界で孤立しかかっているのではないかと思えて仕方がない。

カンガルーマンの独断と偏見のみでアメリカを軸にした国家群を大まかに色分けすると:

政治的姿勢や国民感情等を加味して考えた場合、

親米国家群:とっても少ない。
イギリス、オーストラリア、イスラエル、カナダ、台湾(?)くらいしかないのではないか?

反米国家群:これは枚挙にいとまが無い。
北朝鮮、ベネズエラやキューバ及びその他の南米諸国、イラン、アフガニスタン、イラク、その他の中東諸国、南アフリカを除くアフリカ諸国全般

*韓国は心情的には、このクラブに入りたいけれども事情があって入れないというところか?

冷たい目で見る米・国家群:嫌だけど取り敢えず握手の振りだけはしておこう。
中国、ロシア、インド

どうでもいい米・国家群:当たらず触らず、状況に応じて付き合おう。
東南アジア諸国、東欧諸国

しょうがない米・国家群:一応握手はするけど一蓮托生は嫌だよ。
フランス、ドイツ、イタリア、スペイン等の西ヨーロッパ諸国。

それでは日本はどのカテゴリーに入るのか?

カンガルーマンがみる所、日本は親米国家だとみなされているようだが決してそうでは無いと確信している。日本の親米は見せかけだ。

強いて言えば「強制された親米国家」だろう。韓国あたりもこのカテゴリーに入るかもしれない。

次回に続く・・・・

励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング 


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/50646773
この記事へのコメント
僕も地図見るの大好きです。中学校の時に使っていた地図帳をたまに開いて、次はどこへ行こうかなどと考える時間が好きです。カンガルーマンさんが見られているのと同じようにこの前、中学校の地図帳を見ていたら後ろのところにGNPやら人口やら主な民族、面積、独立年月やら旧宗主国、宗教、主な言語などいろいろなものが載っていて、宗教をみていたらおもしろい発見が沢山ありました。カトリック、プロテスタント、イスラム教、ヒンドゥー、などなど。そして旧宗主国なんかを見ているとフランスやイギリスなんかは昔いろんな国を統治していたわけで・・・ フランスやイギリスは今アメリカのやっている戦争をなんかを遠くから見ているような感じがします。何か少し考えさせられました。
Posted by intervalo at 2006年12月20日 00:21
強制された親米国家

敗戦国の仕方の無いところでしょうが、日本は憲法がまだアメリカの支配下にあるのも可笑しいですね!
Posted by ヒロシ@TradersCafe at 2006年12月20日 17:56
こんばんは、カンガルーマンさん!

カンガルーマンさんのように頭の中で、さくさくっとカテゴライズされるようになるといいなぁ。

次回を楽しみにしています!
Posted by eriko at 2006年12月20日 20:13
ユウイチロー、久しぶり。元気か?コメントありがとう。
傲慢になったら周りから嫌われるぞ。あの国は残念だけどドンドン嫌われ者になっていってるような気がする。でも世界地図を見てると楽しいよな!
Posted by カンガルーマン at 2006年12月20日 23:38
erikoさん、
これを年の功というのでしょう。erikoさんも今の経験を積み重ねてゆけば素晴らしい人物になりますよ。期待しています。
Posted by カンガルーマン at 2006年12月20日 23:39
ヒロシさん、こんばんは。
私は日本はこれから大きく変わると思っています。
特に現在海外に出ている若い人達に期待したいと思います。
Posted by カンガルーマン at 2006年12月20日 23:41