2006年11月24日

本来ならば・・・・

便利になった世の中、その分時間が余っているはずなのだが以下のような記事を目にした。

<食育白書>子どもに朝食「欠食」や「孤食」が拡大

 政府は24日午前の閣議で、06年度「食育白書」を決定した。05年7月施行の食育基本法に基づいた初めての報告。朝食をとらない「欠食」や、1人で朝食をとる「孤食」が子どもに広がっていることに焦点を当て、「健全な食生活が失われつつある」と問題視している。
 朝食欠食率(04年調査)は全体で10.5%に上り、世代別では20代27.4%▽30代20.1%▽40代12.9%――の順。子どもでは10代後半で12.4%が朝食をとっておらず、1〜6歳で5.4%、7〜14歳で3%いた。白書は、国立教育政策研究所の調査(03年度)をもとに「朝食をきちんととる子ほどペーパーテストの得点が高い傾向にある」と指摘している。
 朝食を1人でとる孤食(05年度調査)は、小学生で20・1%、中学生では41.6%に達した。内閣府食育推進室は「孤食がテレビを見ながらの食事やハシを正しく持てない子どもの増加など食事のマナーにも影響している」と分析している。
 家族がそろって夕食をとる回数も減っている。76年は「毎日」が36.5%だったが04年には25.9%まで低下。逆に「週2〜3回」が24.2%(76年)から36.3%(04年)に増加している。【渡辺創】

(毎日新聞) - 11月24日11時14分更新


この情報が正しい内容だとして話を進めると、なるほどカンガルーマン自身も思い当たる事がある。

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング
 


考えてみると、我が家ではできるだけ家族揃って朝・夕食は一緒に食べるという方針をとっていた。

にも関わらず、朝食は常に家族一緒に食べていたが夕食は週末のみだった。これはひとえにカンガルーマンの帰りが遅かったからだ。したがって全員が揃うのは週末のみとなってしまった。

こうしてみると父親の帰りが遅いということが大きな原因の一つだろう。

そしてカミさんがいつもこぼしていたことは、「家族全員揃って食べるのがわかっていると料理の腕の振るいようがあるけど、そうでないと惣菜を買ってきて、レンジでチンしてそれで終わらしてしまう。料理のやりがいが無い。」だった。

結局、「母親と子供達だけで簡単な夕食を食べて終り。」ということだったらしい。

かといって父親が毎日6−7時ごろまで帰って来ようとすると、それはそれでいろいろと問題が生じてくる。

便利になった分、時間は余っているのに何故家族団らんの時間が取れづらいのか?

やはりそれは:

1.父親が仕事が忙しすぎる。または仕事にかこつけた付き合いや外での活動に時間を費やしすぎていることが一つ。
2.同時に母親も、便利になって余った時間を自分の趣味や付き合い等で多くの時間をとられるようになった。
3.結果として、家族の絆や団欒が必要だとわかってはいても、父親あるいは母親としての立場よりも個人の興味の方に時間とエネルギーを割きがちな傾向となっている。

カミさんがカリフォルニアに里帰りしていつもビックリして帰ってくる。それは全ての米国人主婦には当てはまらないだろうが、少なくとも彼女の同級生や友達の家庭の話だ。

友人達に共通している事は、全員素晴らしいキッチンを持っていること、そして仕事をもっていることだ。大きくてピカピカのキッチンだ。

泊めてもらってキッチンがピカピカしている理由が分かったことは、ほとんど使用されていない。使うとしても缶詰めを温めたり、惣菜をレンジで温めたりするくらいだそうだ。

そしてやはり家族それぞれが自分なりの時間の過ごし方があり、全員揃って食べるのは何か特別な日等に限られてしまうそうだ。

このような傾向は、日本だけに限らず多くの先進諸国で見られる風景かもしれない。

カンガルーマンの場合も、子供達は既に大人になってしまったがやや思い当たる節があり、この記事を読んで反省することしきりだ。

願わくば、子供達が家庭を持ったときに反面教師で家族団欒の価値に重きをなして欲しいと思っている。

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/50628129
この記事へのコメント
我が家も当てはまってますね〜
まず息子が一人で朝食を取り出かける頃、起きてきた娘が朝食を取り支度をして出かけた後、洗濯機を回しニュースを見ながら自分が朝食です。

夕食だけはみんな一緒ですが、単身赴任中の夫以外の3人です。
たまに帰宅されると、調子が狂いどう見ても3人分の量の食事しかなかったり(汗)気づいてもう1品足したりです(苦笑)
Posted by めろり at 2006年11月27日 23:37
めろりさん、こんばんは。
考えてみると私の子供のころはいつも家族全員揃って食べましたし、あと父親がいいというまで絶対お箸に手をつけてはダメだったですね。変われば変わるものです。今と昔とどちらがいいのでしょうかね?ある意味今のほうが気分的に楽かもしれません。
Posted by カンガルーマン at 2006年11月28日 23:57