2006年04月20日

ビジネスホテル並みの留学生寮

知り合いの留学生が某国立大学の寮に入ることになった。

そこで引越しを手伝いながら寮見学に行ってきた。

立派な寮だ。

全員個室で、冷暖房完備となっている。居住空間は約6畳スペースで、そこには机、ベッド、木製クローゼットが備えてあり、キッチンには冷蔵庫も備え付けられている。

カンガルーマンがイメージしていた大学寮とは大きな差があった。

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング


そして途中でトイレに行きたくなった。
シャワー室

が、トイレがある筈なのにあるのはトイレットペーパーと手洗いとシャワーのみ・・・・。

まさか、手洗いの中にするわけではないだろう!






シャワー室2


オーツ、手洗いが動くんだ!








トイレ

納得。

究極の省スペースだ!!!







この寮をみると隔世の感がする。若い人達にとっては当然の設備なのだろうが、カンガルーマン世代にとっては贅沢の極みだ。

これで家賃は光熱費を入れて10、000円以下だそうだ。

ここにはあらゆる国からの留学生が住んでいるようだ。表札を見ただけでも、中国、韓国、台湾、インドネシア、米国、カナダ、スペイン、アルゼンチン、エルサルバドール、ペルー、エクアドル、オーストリア国籍に気がついた。

そして思った。

「政府や行政もやることはちゃんとやっているんだ!」と・・・・・。

聞くところによると、ちゃんと勉強している学生にはさまざまな奨学金、資金援助の制度がそろっているそうだ。カンガルーマンの知り合いの留学生もそういった奨学金制度に申請しており、認可が下りればほとんど働かずに勉強に専念できるとのことだ。

カンガルーマンの友人は、今のところ熱心な指導教授や良い同僚に恵まれ留学生生活を満喫している。

次に機会があれば他の留学生達ともいろいろな話をしたいものだ。トイレだけに終わらない新しい発見に出会えるかもしれない。

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/50419576
この記事へのコメント
恐るべし!国立大学。
教育内容も充実しているんでしょうか?
留学生レポート楽しみにしています。
Posted by asa at 2006年04月21日 13:53
asaさん、こんにちは。
その留学生は理科系なのですがほとんど毎日夜の11時、12時まで実験室に残って勉強しているようですよ。他の日本人の学生達も同じだと言っています。私なりに感心しています。
Posted by カンガルーマン at 2006年04月21日 17:59
学生も捨てたもんじゃないですね!
うちの高校生二人も頑張ってもらわにゃ〜
Posted by asa at 2006年04月22日 07:46