2006年02月26日

理屈ではない感情

冬季オリンピック荒川選手の金メダル獲得を素直に喜ぶカンガルーマン

今回のオリンピックで日本選手の上位入賞が無かったからといって特別これといって批判的感情を持っていなかったカンガルーマン。強いて言えば、あれだけの大選手団を送り込んだにしては期待外れくらいの気持ちだった。

したがって、女子フィギュアスケートもボーッとして観戦していた。

外国人選手の演技の最中も、「ホーッ、大したもんだ」という感覚で寝そべって観ていた。

ところがだ、日本人選手が出てきたら最初は寝転がっていたものの演技が進むにつれ半身となり、そして最後のフィニッシュの時には目がテレビにクギ付けになっていた。

そして、見ている最中に理屈では推し量れない気持ちの高揚感に包まれている。

さらに荒川選手が金メダル獲得を確実にした瞬間、胸が熱くなり諸手をあげて荒川選手に対しての祝福の気持ちが溢れ出てきた。

どのように自分の気持ちと感情を分析しても、何故気持ちがあのように変化していったのかわからない。

つまり理屈ではないのだ。

したがって何も考えずに素直にその感情を受け入れる事にした。

理屈では理解できない感情、家族愛、同胞愛、会社愛、郷土愛、地球愛等・・・・・、多分自分が関与している世界や社会を守り、大切にしようとする気持から出ているのだろう。

この年になっても分からないことばかりだ。

したがって現在のカンガルーマンの生き方は、自分の気持ちに素直になろうという事だ。人や社会に迷惑をかけない限り喜怒哀楽に忠実であることだ。

それを改めて認識させてくれたのが荒川選手をはじめとするオリンピック選手達だ。上位入賞は少なかったものの、それだけでも満足だ。

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/50354275
この記事へのコメント
そうですね。理屈ぬきに動く感情ってのは本当にありますよね。
また、そういう気持ちも大事にしていきたいですよね。

素直な表現はとても大切ですよね!
Posted by イヴォンヌ at 2006年02月26日 12:44
イヴォンヌさん、こんばんは。
コメント有難うございます。
年をとっても出来るだけ素直な気持ちを持ち続けたいと思っています。
Posted by カンガルーマン at 2006年02月26日 19:08
同感です!
理屈抜きの感情〜時々、このような状態から
遠ざかってしまう自分に喝をいれてくれるような
荒川選手の演技に魅了されてしまいました。
Posted by 姐御 at 2006年02月26日 22:37
姐御さん、こんにちは。
スペインでご覧になったのでしょうね。
異国にいらっしゃると尚更日本選手の活躍に心躍りますよね。
私の場合はそうでした。
Posted by カンガルーマン at 2006年02月27日 13:06
カンガルーマンさんこんばんは♪
私も彼女の滑りをみて、感動しました。思わず涙がでてしまいました。理屈ではないですよね。美しいものは人を感動させるのですね。
人間ってすばらしいですね〜
Posted by kana at 2006年02月27日 21:43
博多のヒロシです。最近静岡のヒロシさんからコメントいただいているので、なんとなく博多の・・・と入れる癖が付いてしまいましたよ。
私も今回のオリンピックほど感心が無いのも珍しかったのですが、最後のフィギアだけ朝方まで見てしまいました!
よってTBさせてもらいましたよ!
ところで何時から顔出しされたんですか?
渋い趣で、スポーツマンらしい風貌ですよ!
ちょっとこの写真で高校3年生の時は思い出せませんよね!
中央は殆ど学年違いでも分かっていたのですが・・・
Posted by 新会社設立前から設立後の成功への道のりーヒロシです at 2006年02月28日 00:42
kanaさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
おっしゃる通りですね。豊かな感情が内在するからこそ人間ですね!
Posted by カンガルーマン at 2006年02月28日 13:10
ヒロシさん、こんにちは。
トラバ、コメントありがとうございます。
素晴らしい写真が掲載されていますね?保存版ですね。
やはり顔がわかったほうがコミュニケーションがやりやすいかなと思い、写真は先週載せました。同窓会に行くと友達には変わっていないとよく言われますが、写真で見ると大きく変化していると思います。私の場合、参考までに申し上げると2期生の方々との付き合いは陸上部と水泳部の先輩に限られていました。花田さんとか花月さんあたりには可愛がってもらいました。
Posted by カンガルーマン at 2006年02月28日 13:22