2006年01月31日

えっ、なにそれ?

世の中には奇妙なことがあるものだ。

ある日聞きなれない声の主から電話があった。大体、そういった場合は何かのセールスだ。

そして、それは思ったとおり電話セールスだった。
それで、何も聞かずに切ろうとしたのだが、相手の会社名が聞こえた途端「???」となってしまった。

そして、その会社とは?

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング



 


正式な名前は忘れたが、「・・・・・・結婚相談・・・です。」と言っている。

「結婚相談所?家は間に合ってます。」
「エッ、でもお一人でしょう?」
「いや、ちゃんと家族がいますよ。」
「お子さんはいらっしゃるでしょうけど、独身でいらっしゃいますよね?」
「・・・・・・???」
「お一人だと大変でしょうから、是非私どもの会社にご登録なさいませんか?説明書をお送りいたします」
「いや、だから私は家内がいますよ」
「???、最近結婚なされたのですか?」
「いや、長いこと結婚してますよ。何で、あなたそんなこと決めつけてセールスするんですか?感じ悪いなあ・・・」
そして、ガチャンといって電話が切られた。

どうして、このような電話が入ったのか?

それは、カミさんの名前が住民票に記載されていないからだ。記載されているのは私自身と子供達だけだ。結婚相談サービス会社は住民票を閲覧して年配の独身あるいは離婚経験者をピックアップして電話セールスをやっているのだろう。

それは、仕事だからいいとしても腑に落ちないのは何故カミさんの名前が記載されていないのだ。

詳しく法律を調べていないので明確な理由はわからないが、それはどうも外国人だかららしい。外国人の場合、外国人登録証が住民票の代わりをしているので記載されないようだ。

しかし、日常生活にこれといって不便を感じないので放ってあるが差別されているようでなんともしっくりこない。

電話セールスがなかったら気に留めることもなかったのだが、行政はこのあたりは改める必要があるのではないだろうか?まるで日本政府は外国人との結婚に反対しているような印象を受ける。

励みの応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/50318598
この記事へのコメント
と言うことは奥様は住民ではないことになりますね!
外国人登録者は一人の内は気にならないでしょうが、結婚したら当然住民票に載らないとおかしいでしょう!と思いますね。誰が考えてもおかしいですね。
Posted by 新会社設立前から設立後の成功への道のりーヒロシです at 2006年02月01日 01:15
こんにちは!えもっちです
まえから・・・ もしかしてと思っていたのですが・・奥様はたぶん外国の方と・・・
やはりそうでしたか(笑)

でも最近はほんとうに個人情報は漏れていますね!
どこまでプライバシーはまもられるのでしょうか?

ヒロシさんはエバーさんだったのですね 高校が同じだとか・・・

いつもありがとうございます
Posted by ママバレえもっち at 2006年02月01日 14:41
カンガルーマンさん、今日は。外国人は住民票に記載されないなんて、変ですね。その代わり外国人登録ですか。いや〜な感じです(ただ、世帯主が希望すれば、同居の外国人も備考欄に名前を記載することが出来るそうですが、備考欄では全く不十分だと思います)。

地方自治体は国家ではないのだから、国籍とか意識せずに全ての住民を住民登録すべきだと思います。それとも、機関委任事務の名残があって、いまでも市役所や役場は国の下請け機関だという意識が抜けてないのかもしれません。

本当の地方自治の実現のために、「全ての人に住民登録を」の運動があってしかるべきだと思います。
Posted by アジア人<mikionz> at 2006年02月01日 19:27
ヒロシさん、コメント有難うございます。
ヒロシさんもおかしいと思いますか?そうですよね。
そのうち問題になるのではないかと思います。
Posted by カンガルーマン at 2006年02月01日 23:21
えもっちさん、こんばんは。
そうなんですよ。私の一期先輩なんですよ。なので、ヒロシさんなどと気安く呼べないのですが、ブログ上では許してもらっています。これもブログの効用の一つでしょう。
Posted by カンガルーマン at 2006年02月01日 23:24
mikionzさん。
これも行政の怠慢というか常識の欠けているところなんでしょう。
今のところ本業が忙しいのでおとなしくしていますが、そのうちに切り込んでみようと思っています。
Posted by カンガルーマン at 2006年02月01日 23:26