2005年12月27日

マインドコントロールからの目覚めーその4

 クリスマスと3連休中は、スパイストークを中断してクリスマスディナー紹介記事に変更した。

 日本に30年住みながらもしっかりと自分の生まれ育った文化を守り続けているカミさんの姿勢を紹介することは、当テーマ「マインドコントロール」に関係すると思ったからだ。

 カミさんの場合、基本的ライフスタイルは日本あるいはカンガルーマン仕様に合わせている。例えば、普段の食生活は和食中心で、寝るときもベッドを使わず和室で畳に布団を敷いて寝る。しかし、自分のアイデンティティにかかわると自分で判断する部分では絶対妥協しない。

 これは、カンガルーマンも同じだ。

 しかし、マインドコントロールから目覚める前のカンガルーマンは、日本と言う国の存在そのものを忘れていた時期がある。

皆さんのお陰でランキングが上がってきました。感謝します。そして励みになります。
人気ブログランキング


 アメリカ熱に浮かされ、さらに滞在先のウイルソン夫妻の歓待ぶりにすっかり舞い上がっていたカンガルーマンは、この時点で「やっぱりアメリカはTVドラマで見たとおり生活レベルの高い素晴らしい国だ。そして、アメリカ人は人懐っこく、親切で、物分りのいい国民だ」と感激していた。

 一週間程で、ロングビーチのダウンタウンに小さなアパート(3畳一間と比べたら御殿のようだった)を借りての一人暮らしが始まった。

 あらためて一人になってみると、本当に一人だということをヒシヒシと感じた。この夫妻以外誰も知り合いは居ない。この時点では電話もつながっていないし、レイクウッドという違う町に住んでいる夫妻の家は歩いて行ける距離には無いし、これ以上頼るつもりもなかった。 

 しかし、一人での生活が始まるとすぐに冷たい現実に直面することとなる。

(注)カンガルーマンはこの時点では学生でもなかったので、朝起きても何もやることが無いという生活だった。ちょうど、田舎から東京に家出をしてきてどこかにアパートを借りたばかりという状況をイメージすればその時の様子が想像できるだろう。ただ、場所がロングビーチというだけだ。

 そして思った事は「あの、ウイルソン夫妻のようなイメージ通りの陽気で、人の良いアメリカ人はどこに行った?」ということだ。

 真っ先に学んだことは、英語が出来ない現地在住の外国人(特に有色人種)に対して一般のアメリカ人は非常に冷たいことだった。いや、それ以上だ。馬鹿か知恵遅れの人間のように扱われる。

 買い物先、レストラン、どこに行こうと言葉の出来ない一東洋人に対して助けの手を差し伸べる人などどこにもいない。完全に無視された状態だ。

 こうして約2−3ヶ月間誰とも口をきかない、いや言葉が出来ないので口をきけない生活が続いた。

(注)この期間の生活状況にご興味のある方は2月17-23日のブログ記事をご覧下さい。

 要するに、このステージで学んだ事は日本で見たTVドラマからイメージしていたアメリカ人像は現実とはかなり違うということだった。

 そこで、カンガルーマンはさらなる現実を見たいがために一生懸命英語の勉強に精を出し始めた。そして言葉がある程度できるようになるとそれまで想像もしていないような側面が見え始めてきた。

次回に続く・・・・・・

「もっと多くの人に読ませてみよう」ということでしたら応援クリックをお願いします。
人気ブログランキング


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/50265501
この記事へのコメント
カンガルーマンさん こんばんは♪

アメリカへ行って英語が話せなければ、孤独ですよね。。。
自分の子供のよくない行いを友達のせいにする母親には、
違うんじゃない?と、疑問を持ちます。
でも、結果としてはこれをきっかけにしてよいほうへ転がりはじめた感じがしますね。
平凡な人生を歩んできた私には続きが楽しみです!
Posted by めろり at 2005年12月28日 21:26
こんばんわ
クリスマスディナーを見て初めてカンガルーマンさんの奥様はアメリカ人と気づきましたよ。
そこで2月のブログも読ませてもらいました。良く30年も前のことを克明に覚えていますね。感心します。
ロングビーチでのアパート生活の様子は目に浮かぶようでした。地図とにらめっこなんて、多分私もそうしたかもしれません。
私が初めてワイフを連れてロスに10日間旅行したときは、日本からレンタカーを予約しておいて、全く初めてのLAXから車で直ぐ近くと思っていたマリナデルレイのリッツカールトンホテルまで、なんと半日もかかってしまいました。道に迷ったお陰で、マリブ海岸をかなり走ってロングビーチもみました。TVドラマで見ていた、また当時の音楽から想像していたロングビーチとは全く違ってましたが。
その先をまたmた楽しみに読ませてもらいます。
Posted by 新会社設立前から設立後の成功への道のりーヒロシです at 2005年12月29日 00:02
こんにちは!えもっちです
カンガルーマンさん今年は大変お世話になりました!!
ひょんなことからバレーつながりでお付き合いのはじまったカンガルーマンサンですが とてもいい情報や知識をカンガルーマンサンからはいただきましてうれしい限りです。
カンガルーマンさんのパワーあふれる行動は私もとても励みになりました!!

あわせてご多忙の中私のブログにも暖かいコメントをいただきましてまことにありがとうございます お心遣いに大変感謝です。

ブログのコメントで大変失礼かとは思いますが年末のご挨拶にかえさせていただきます

本年はまことにありがとうございました
来年もよろしくお願いいたします!!

Posted by 世界へ届け!ママさんパワーママさんバレーのブログ at 2005年12月29日 10:56
めろりさん、こんにちは。
人が変わるときには何かのきっかけが必要だと思います。悔しい思いをしたので一生懸命英語を勉強しようと思いました。
Posted by カンガルーマン at 2005年12月29日 16:15
ひろしさん、こんにちは。
やはり自分の人生の中で大きなインパクトを与えた変化だったので克明に覚えています。忘れようと思っても忘れられないことは誰でも多く持っていると思います。
Posted by カンガルーマン at 2005年12月29日 16:18
えもっちさん、こんにちは。
こちらこそ知り合いになれて非常に嬉しいです。
いつかコートで一緒にプレーをしたいものです。
これからもよろしくお願いいたします。
Posted by カンガルーマン at 2005年12月29日 16:20