2005年09月30日

誇大広告ではないー外国語習得のコツーその3

 読者の皆さんは、一般的日本人の英語の力がかなりのものだと言う事をご存知だろうか。カンガルーマンが思うには、読解力という面ではいい線をいっている。唯一足りない点は、よく言われることだが聞き取りと会話力だ。

 カンガルーマンがいうところの「コツ」は、日本人が中学・高校で学んだ英語が基になっている。多くの英語専門家は文部科学省のこれまでの英語教育を批判しているが、英語の読み書きという側面ではそれなりの評価をしてもいいのではないか?問題はあまりにも読み書きに重点を置きすぎたことと、英語習得を学問として位置づけたたために余計な事に時間とエネルギーを使ってしまったがために聞き取れない、喋れないという現象に陥っているだけだ。

 それでは、外国語習得の舞台装置が出来た人は次に何をすればいいのだろう。

 非常に簡単だ。あとは練習あるのみだ。

 普通の日本人は、英語の基礎は出来ている。車の運転を例にとれば、運転マニュアルでの勉強は終わっているので、頭の中では運転の仕方を知っているが体が言う事を聞かないという状態だ。

 具体的には、街の英会話教室や英会話喫茶等を最大限に活用すればいい。そこで、とりあえずお金を払ってネイティブスピーカーに話し相手になってもらう。そして、話す内容は自分の得意な分野に限定してもらう事が肝腎だ。これは、車の運転であれば教習場での練習というところだ。

 多分1−2年間、英会話教室と自宅の英語空間を最大限活用すれば、聞き取りと喋る能力が上達する。

 自分である程度上達したと感じたら、あとは積極的に表に遊びに出る事だ。これは路上運転練習だ。

 但し、言葉の能力は最終的には各個人が母国語でどれだけの会話能力があるかということとその人の人間性によって異なってくる。

 言葉と言うものは基本的には、意思疎通のための単なる道具であることを忘れてはならない。母国語での表現力や意思疎通能力が劣っている人は外国語でも母国語以上のレベルを超えることは出来ない。つまり、母国語で無口な人は外国語でも同じだということだ。

 練習だからといって、表に遊びに出ても街を歩いている外国人を捕まえて英会話の練習台になってくれなどとは間違ってもやってはならない。これは在日外国人が最も嫌うパターンだからだ。

 一番いいのは、時間はかかるがいろいろな国の人の集まる催しや飲み屋等に定期的に出かけて行き自然な形で交友関係を築いていく方法が望ましい。これは日本人同士でも同じ事だ。

 交友関係が出来上がったころには、あなたの外国語能力(例えば、英語)は意思疎通のための立派な道具に仕上がっていることだろう。

「なるほど!」と思われたらクリックをお願いします。
人気ブログランキング 



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/50110000
この記事へのトラックバック
人気blogランキングご協力お願いします。 正直そこまで興味があったわけではないのですが、 ポスティングをするときに聞くことができればいいかなって おもって買いました。 アイポッドナノですね。4Gは品切れなので2Gに しました。 もっともハイテク商品は....
アイポッドを買いました。【ワーホリ社長の日記】at 2005年11月07日 22:05
この記事へのコメント
カンガルーマンさん


お久しぶりです。
実は先月23日からPCが壊れてしまい、本日やっと復旧しました。
これからも訪問宜しくお願いします。
Posted by エバー at 2005年10月01日 22:03
イギリスから帰ってきました!!ロンドンからスコットランドのインバネスまで1334キロの自転車旅でした。あ〜疲れた!!
英語はコミュニケーションの「道具」!!本当にそうですよね。今回の旅でも沢山の友達ができました。イギリス人、スペイン人、スイス人、ドイツ人、インド人、中国人、韓国人、、、育った国や母国語が違っても英語という「道具」を使うことでコミュニケーションがとれることにちょっと感動しました。とはいってもまだまだ勉強不足ですけどね〜(^^;)立派な道具に仕上げなくては、、、。
英語ももちろんだけれど、やっぱり友達になりたいっていう気持ちが強ければ強いほど相手にも伝わる気がしました。肝心なのは心なんですよね。基本的なことなんですけれど、大切ですよね。
いろいろ学べたいい旅でした!!
Posted by kana at 2005年10月02日 16:31
Kanaさん、お帰りなさい。
多くの事を経験なさったようですね。これからもできるだけ多くの国の人々との付き合いを深めてください。そうすることで、人種、国籍等がちがっても基本的部分、喜怒哀楽に関する根の部分は皆同じだと言う事が分かるでしょう。おっしゃるとおり心の問題だと思います。
Posted by カンガルーマン at 2005年10月03日 11:00