2005年07月28日

当面の目標

 カンガルーマンが最近目標としていることが一つある。
 
 それは、ファッションセンスを磨きたいということだ。
 
 別に高価なデザイナーブランドで身を固めるという事ではない。つい先日電車の中で見かけた和服を着たオジサン等は、見習いたい一つの例だ。
 
 あのオジサンは、粋に和服を着こなし左手にはボストンバッグ、頭には麦わら帽を被っていた。あのイデタチは、あのオジサンだから似合っているのだ。カンガルーマンが同じ格好をしたらチンドン屋のオヤジになってしまっているだろう。あのオジサンは自分に何が似合うかをよく分かっているのだ。
 
 カンガルーマンの普段の格好は、仕事場では人に会う必要がない時はジーンズ/チノパンとアロハ/ポロシャツの組み合わせで、大事な人に会う時はトラッド系のスーツと決まっている。しかも、スーツを着るときは白かブルーのボタンダウンシャツで統一されている。ネクタイもストライプ、プリント、ペイズリーの色違いを適当に組み合わせればどうにか様になるようになっている。
 
 これは、どうしてか?
 
 その理由は、何も考えなくて済むからだ。ぶら下がっている衣服を目をつぶって着たとしても大きな間違いがない。
 
 しかし、心の奥底ではあの電車のオジサンのように粋な格好で街に出たいという欲望があるのだが、その一歩を踏み出せない。そして、着る物や身に付けるもので頭を煩わしたくないという気持ちが残っている。
 
 つまり、気持ちに余裕がないことと、自分の気持ちや性格をモロに現わすファッションを身に付ける勇気がないからだ。要するに、周囲の目を気にしているというか、とりあえず無難な格好でお茶を濁そうとしているにすぎない。
 
 したがって、カンガルーマンの当面の目標はあのオジサンのように何が自分に似合うか探し、それを周りが奇人変人と思わないようなカンガルーマンオリジナルファッションを開発することだ。
 
 カミさんにこの話をしたところ、「あんたは既に自他共に認める奇人変人だから、おとなしい格好がちょうどいいのよ。」と軽くいなされてしまった。
 
 うーん・・・、アンチエイジングをテーマにしている以上、この当面の目標を達成したい。
 
 
 
「そういった意識を持つだけでも十分」と慰めてくださる方クリックをお願いします。 
ブログランキング

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/nagatomo2/29137000
この記事へのコメント
こんばんは。

カンガルーマンさんの気持ちよーくわかります(笑)
私も、何の特徴もないような無難、人から見れば
いつも同じ格好のようなファッションしてます。

冒険したいけど、失敗はしたくない私。小心者です(_ _)
Posted by めろり at 2005年07月28日 21:12
めろりさん、こんばんわ。
立ち寄ってくださり有難うございます。

そーですか!
無難な服装ですまそうとしていたのは、カンガルーマンだけではなかったのですね。とりあえず安心しました。
これぞと思うファッションを考え付いたらお披露目します。
その時は感想をお願いします。
Posted by カンガルーマン at 2005年07月28日 23:27
こんにちは。
ぼくもまったく同感です。
年になんどか、一念発起して、ちょっとだけ(ていうあたりが小心)自分のおしゃれをやってみるぞ!と頑張るのですが、勢いがなくなるといつもどおりに戻っちゃうんですよね。
ファッションって、自分の気分や性格をモロに出すことになるから、気合が必要ですよね。

とりあえず今年こそ帽子に挑戦しようかと思っているのですが…まずは毎日、家でもずっとかぶって自分で慣れることが大事だそうです。ほかのことでも通用しそうな法則かも。

Posted by kaxima at 2005年07月30日 11:28
kaximaさんコメントありがとうございます。
帽子ですか?いいですね。
数日前、テレビで昔、確か1956年頃、に作られた古い映画を見ていたらほとんどの人が色々な帽子をかぶっているんですよね。それが、皆さんかなり似合っている。いつの間にか、帽子の習慣がなくなりいまではせいぜいナイキの野球帽くらいなもんです。
スーツにソフト帽なんかかぶっていると、周りから奇異な目で見られます。
そのうちに帽子文化がよみがえると思いますが、だれか勇気ある人が始めてそれからまた流行するパターンとなるのでしょう。
Posted by カンガルーマン at 2005年07月31日 09:51