2015年01月26日

国際世論

「国際世論」という言葉をあちこちで聞いたり読んだりする。

例えば、「国際世論の常識に従って日本は行動すべき!」だとか「国際世論に足並みを揃えて・・・・」とか。

しかしこの「国際世論」という言葉あるいは意識そのものがかなり怪しい代物、いや人々の頭の中を混乱させる都合の良い表現でないのか?

何を基準にしての国際世論なのか?

どうも日本で使われている国際世論の基準は、”欧米諸国の世論、欧米諸国の側に立っている国々あるいは彼らの価値観に近づこうとしている国々の世論”のように思われるのだが、カンガルーマンの勘違いか?

もし勘違いでないとした場合、この”国際世論”というのは実にいい加減な表現のような気がする。

つまり世界中の富と政治力を独占している限られた国々の、しかも世界人口の1割程度の人達の意見や考え方が「国際世論」ということになる。

もっと平たく言えば、米国、EU諸国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、日本等のいわゆるG8かそれに準ずる国々の世論のことだろう。

他の富と国際政治から見放された大多数の貧しい国々、そしてそこに住んでいる50数億の人々の世論は「国際世論」ではないのか?

この私たちが日常的に使っている「国際世論」は、国際社会において世界の一部の国々の体制や国民の富、権力、社会等を守るためにできた都合の良い用語にすぎない。

多分私たちが常識だと信じているところの「国際世論」は、世界の大多数を占める国々や人々の間では非常識かもしれない!

私たちが世界の動きや歴史の流れを見る時、「国際世論」の基準がどこにあるのかを見極めないと漂流してしまう可能性大だ。

このヌクヌクとした部屋で美味しい晩ご飯を食べてPCでブログを書き、週末はビーチバレーを楽しんでいるカンガルーマンは、この快適な生活を手放したくないがために、多分大多数の日本人もそうだろうが、少数派の国際世論に組せざるを得ないのか?

将来、価値観の変動が起き私たちが現在信じている「国際世論」が本当の意味で少数派になる日が来るかもしれない。

ちょうど第二次世界大戦前と大戦後の日本国内における「国際世論」の基準が大きく変わったように・・・・。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング  

Posted by Kangarooman at 23:15Comments(0)TrackBack(0)

2015年01月23日

イスラム国誘拐事件

現在イスラム国の囚われの身となっている後藤さんと湯川さんに対してさまざまな意見が出されている。

一番多いのは「自己責任」という意見だろう。後藤さん自身が、”何かあったら自己責任”と「言っているらしいので、ある意味それは当然かもしれない。しかしこの事件解決にはあまりにも複雑で大きな壁が立ちはだかっている。

これまでの公開された情報によると、この2人が処刑対象となった最大の原因は日本がイスラム国に対する軸足をアメリカを中心とする西側諸国の側に明確に置いたというところではなかろうか?

過去の日本の対中東例えば反米国家グループのイラン、イラク、シリア、パレスチナ等に対する立ち位置は西側諸国サイドではあったものの、何かの事件があったとしてもその時々でノラリクラリと明確に意思表示をしなかった例が多々あった。それが西側諸国、とりわけアメリカを苛立たせたのも事実だが・・・・。

その軸足を置いた場所の良し悪しは別にして、このお二人が無事に解放されることを祈りたい。

そして解放された後でも、政府が中東に駐在あるいは居住している日本人の方々が安心して活動出来る環境を早急に作って欲しいものだ。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 16:16Comments(0)TrackBack(0)

2015年01月19日

民主党

民主党の頭が決まった!

しかしこの党の未来と方向性が全く見えない。

異なる価値観、政治観、国際感覚、主義主張の人達が集まってどのようにまとめて行くのだろうか?

取りあえずは旧社会党的考え方をする政治家を排除するところから始めないと前に進まないだろう。
あとは、維新、次世代等との連携をどうするか?

民主党先生方の唯一のある意味立派なところは、現自民党で創価学会票に頼っている先生方よりましかもしれないと言うことだ。

いずれにしても少なくとも基本的価値観だけはあるい程度統一しないと話にならない。

岡田党首のお手並み拝見!!!

まさか次は民主公明連立なんてふざけた真似だけはないよな!

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング



  
Posted by Kangarooman at 18:13Comments(0)TrackBack(0)

2015年01月14日

終末医療

過去2年で2回の終末医療を経験した。

一つは延命でもう一つはホスピス。

結果から言うと、自分の場合はホスピスで最期を迎えようと思う。

延命の場合、ベッドに伏せてから経管栄養ーリハビリー胃漏ー最後という経過をたどった。その期間約1年半。その間、ベッドに繋がれて自由を奪われ当人はかなり苦しんだ。

ホスピスの場合、ベッドに伏せてからは食べられる物と水分だけを摂取し徐々に衰弱していった。その間特別な治療をする代わりに当人が快適に過ごせるようにスタッフが献身的な身の回りの世話してくれる。ベッドに伏せてから亡くなるまで6日間。

日本の医療現場では延命措置が当たり前のようになっているようだが、そろそろ真剣にこれが必要かどうかを議論すべきではなかろうか?

この問題には多くの、そしてさまざまな考え方や状況が絡んでいるので簡単には答えは出せないだろうが、自分がベッドに伏せる立場になったら誰が何と言おうと、延命措置は拒否するつもりだ。

体中に管を通されてベッドに繋がれてまで生きながらえたくない。

強力痛み止めか体を気持ちよくさせる薬さえあれば、それで十分だ。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 23:23Comments(0)TrackBack(0)

2015年01月07日

同じハンバーグでも・・・・

Roo Burger
Roo Burger!

低脂肪、コレステロール、高蛋白









60歳を過ぎると体の筋肉の衰えが激しくなってくる。
特に筋肉量が減少することはよく知られている。

プロテイン等のサプリを摂取することは控えたい。
かといって脂肪の多い肉を食べるのも気になる。

ルーミートの脂肪含有率は2%以下でお腹にもたれないのでいくらでも食べられる。

カンガルーマンの場合は軽く200gはぺロリとゆく。

ルーミートでタンパク質を補給して筋肉の衰えを防ぐ。

これも健康寿命達成に必要な食材だと最近では確信している。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング
  
Posted by Kangarooman at 13:47Comments(0)TrackBack(0)

2015年01月02日

2015年

江の島


謹賀新年












今年もこれまでと同じように体を鍛え事業に邁進することを自分に誓う正月だった。

”継続は力なり”



ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 23:30Comments(0)TrackBack(0)