2014年11月29日

異常気象それとも狂い咲き?

エッ??????
季節外れ
















この植物は確か梅雨時にしか花を咲かせるはずでなかったか?


ところが先週あたりから、この1本だけ咲き始めた。

植物の世話をしていて気付くのだが、彼らは自分の置かれている環境に実に敏感で正直だ。


環境が変わったり、自分が置かれている状況に満足しないとすぐ態度に現われてくる。


弱ったり、枯れたり、元気になったりとさまざまだ。

花を咲かせているのだから幸せなのだろうけれど、何かの変化に気付いたのかもしれない。

世の中には不可解なことが多いのだが、今回はそれらのうちの一つかもしれない。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  

Posted by Kangarooman at 22:25Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月24日

チーム年齢111歳

連休中はビーチバレー2人制大会に出場。
大会



チーム年齢は2人で111歳だが、身長は最も低いチーム。

もちろん参加チーム中で最年長。
















勝利には至らなかったが、若いチームを十分苦しめた。

多くの人達が誤解しているのだが、ビーチバレーは生涯スポーツとしてお薦めだ。関節を痛めることなく足腰を強化できる。

技術さえ修得すれば若い人たちともほぼ対等に戦える。

自然の中で体を鍛え、身も心も若返る。

65才の現役プレーヤーとして多くの中高年の方々に砂場に出て思いっきりボールを追いかけて欲しい。

きっと新しい世界が開けるはず!!!

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 21:58Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月17日

継続は力

試合








毎週末ビーチバレーを10年以上継続している。
カンガルー肉を食生活に取り入れて25年以上。
そして規則正しい生活を続けて25年以上。

結果として、若いころのジャンプ力は無いもののまだどうにかスパイク可能。

ビーチバレー練習をやるたびに思うのだが、

食生活も体を鍛えることも「継続は力!!!」ということを実感する。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 17:20Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月13日

衆議院選挙

本当に選挙になるのか?

選挙をやる目的と意味がもう一つ理解できない。
自民党の先生方が考えに考え抜いた結論なのだろうが・・・・・?

前回の選挙で自民党を大勝させた支持者たちは、自民党が公約していたことを実現してもらいたいと思って投票したはず。

そしてこれまではそうした公約を一つ一つ実行しようとしてきたのでなかったのか?

ひょっとして実行できそうにないので、「政権を投げ出すよりも選挙で負ければ、あとは野となれ山となれ!」というつもりなのか?

いずれにしても非常に無責任の極みとしか思えないのは、カンガルーマンのみか?

それか負けない自信があって、仕切り直しなのか?

片づけなければならない、決めなければならない仕事が山積している状況で、選挙とは・・・・・。

まあ後は官僚任せなのだろう。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 14:35Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月04日

対症療法

経済学者ではないので数字や理論がどうのこのとかでの議論は出来ないが、自分で小さな会社を運営している者として、昨今の経済政策が対症療法にしか見えないのは気のせいか?

黒田バズーカ、禁断の金融緩和、アベノミクスの三本の矢どれをとっても対症療法の域を超えていない。

特に金融緩和は覚醒剤で元気そうな状況を作り出しているに過ぎない。

人間の体で言えば、生活習慣病で体力と免疫力が落ちているところに根本的な生活習慣改善で体力と免疫力を強める代わりに、痛み止め、抗生物質、降圧剤、利尿剤・・・・・等無数の薬で症状を騙し、それでも効果がハッキリしないので覚醒剤を投入して元気を取り繕っている状況でなかろうか?

その間に体は取り返しのつかないほどボロボロになってゆく。

以前から主張していることだが、現在の経済停滞の元凶は需給のバランスがとれていないことに尽きる。要するに市場が飽和状態で需要がない。

しかし需要は掘り起こせば沢山有るはずで、国と企業はここにあらゆるエネルギーと知恵を集中すべきだ。特に日本経済を担っている多くの中小企業の役割と責任は重大だ。

それではどのようにして需要を掘り起こすのか?

それは世界市場を相手にするしかない。

これまでの日本の経済発展の流れを顧みれば明らかだろう。日本経済は輸出で成り立ってきた。輸出で外貨を稼ぎ、そのお金を国民に還元しながら国内需要を喚起してきた。

現在政府が音頭をとって実施しているインフラ輸出。これは正しい。
それにクールジャパンの推進。これもまた正しい。

あと足りないことは、世界の富裕層に対する組織だったマーケティング戦略とそれを推進するための富裕層データベースの構築ではないか?

所謂先進国、中進国、後進国どこの地域をとっても必ず富裕層は存在する。
この層に的を絞った、製品、サービスの開発とマーケティングに的を絞る。

そこには無限の可能性と市場が存在するはずだ。

政府が真っ先に取り組むべきは、世界の富裕層のニーズデータベース構築だろう。

そしてその情報を広く企業に開示して、輸出促進を活性化させる。

世界市場は待っている。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 17:58Comments(0)TrackBack(0)