2014年09月25日

イスラム国爆撃

専門家ではないので的外れの意見だろうが、爆撃して問題解決に繋がるのだろうか?と、疑問符がついてしまう。

あまりにも多くのそして複雑な要素が絡まっているために、この問題を簡単に述べることができないのは承知している。

しかし爆撃したからといって、いや爆撃でイスラム国を壊滅させたからといって中東問題が解決するわけではない、と言いたい。

それが分かっていて爆撃に踏み切るとは何というエネルギー、時間、お金の無駄使いか!

ベトナム戦争では枯葉剤やナパーム弾等を含む大規模空爆でべトコンと北ベトナム軍を撃退できたのか?否、ゲリラ戦で徹底的に打ちのめされ撤退せざるを得なかった。

アフガン戦争やイラク戦争ではそうだったか?
タリバン政権とフセイン政権を倒すことには成功したものの、その後のゲリラ戦での結果がどうだったかは、周知の事実だ。

ゲリラ戦に対して空爆や大規模作戦が有効でないことはこれまでの数々の局地戦で証明されている。

私達が考えなければならないことは、こうした争いの原因がどこにあるかを究明しそこから問題解決に取り組まなければならない。

根底にあるのは異なる価値観の衝突だ。

要するに力のあるグループが力で劣っている相手に自分の価値観を強要している構図だ。

そして異なる価値観を押し付けられた方は、おとなしくそれを受け入れるかあるいは必死で抵抗するかのどちらかではなかろうか?

日本の場合は、大東亜戦争に敗北し欧米的価値観をそれなりに受け入れ、あるいは利用しながら現在の経済的地位を獲得した。

ところが世界には自分たちが長い歴史の中で培ってきた価値観を大事に守っている人達が存在する。そういった人達に異なる価値観を無理に押し付けても摩擦が生じるのみだろう。

これは個人的レベルでもそうだから、これに民族、経済、政治、歴史的背景などが絡み合ってきたら簡単な話ではない。

価値観の押し付け合いがなくならない限り、世界における争いごとの種がつきることはない。

爆弾を落としたからといって、イスラム原理主義に基づいた価値観が爆風とともに消えてなくなることはないだろうことを、賢明なアメリカの政治家たちは分かっているだろうに・・・。


ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング


  

Posted by Kangarooman at 23:44Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月21日

ルーミート(カンガルー肉)は美味いーその2

ルーサラダルーランプステーキ




ルーミートが美味い理由として以下のポイントが挙げられる。

1.脂肪の無い筋肉の塊なので肉本来の旨味が詰まっている。グリルあるいはステーキにすると分かるのだが、火が通ってくるとお肉の芳ばしさが漂ってくる。
2.歯ごたえがたまらない。軟らかいのだが、腰のある軟らかさ。これはカンガルーだからこそ味わえる歯ごたえ。
3.食べた後の脂肪がまとわりつかないスッキリ感。

ここでカンガルー肉の歯ごたえについて述べると、野生で運動量が豊富なこともあるが、捕獲と屠殺方法にも由来しているとのことだ。

カンガルーの捕獲は夜間に行われ、しかも射撃の名人によって一瞬のうちに頭を撃ち抜かれる。

屠殺される瞬間まで恐怖感を感じない、つまり恐怖による筋肉硬直がおきない。

そして筋肉硬直が起きないことで肉になっても自然のままの軟らかさを保っていられると言われている。

さらにオーストラリア大地の野草を食べ、抗生物質、ホルモン剤、重金属等に汚染されていないことも美味しさの理由の一つだろう。

この美味しさゆえにアボリジニが数万年にわたってカンガルー肉を主タンパク源として食してきたことが理解できる。

不味かったら食用とはならないだろうから。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング
  
Posted by Kangarooman at 22:01Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月16日

ルーミート(カンガルー肉)は美味い!

ルーステーキスライスルーステーキ














何故ルーミートは美味いのか?
そしてどのように美味いのか?

ルーミートの美味しさの特徴はその歯触りと風味にある。

まず美味い理由だが、それは”野生肉(天然肉)だから”の一言につきる。
魚で言うところの養殖魚と天然魚との違いとほぼ同じ。

脂肪が無い(2%以下)にも関わらず肉そのものはとても柔らかい。
そしてそれは腰のある柔らかさだ。

さらにドリップ処理をしっかりしたうえで調理すると、脂肪に邪魔されないまさにお肉そのものの風味が漂ってくる。

一度ルーミート(カンガルー肉)の美味しさを覚えたら、なかなか他のお肉が食べられなくなってしまうので、注意が必要かも!

何故野生肉だと美味しいのか?

次回に続く・・・・・。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 17:54Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月11日

体力作りに欠かせない!

体作りに大切な要素として、良質なタンパク質の摂取が欠かせない。
ルーバーガー

ルーバーガー(カンガルー肉バーガ―)










低脂肪(脂肪含有率5%以下)、高蛋白、低コレステロール。

ビーチバレーで体を動かした後に、思いきって肉を食べたい時の定番。
カンガルー肉には、脂肪燃焼と筋肉増強効果の高いCLA(共役リノール酸)が豊富に含まれているので、食べれば食べるほど筋肉になってゆく気がする。

カンガルーマンの体型を保つには無くてはならないレシピの一つ。

それがルーバーガーだ。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング
  
Posted by Kangarooman at 20:37Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月09日

ブンヤパイン(南洋杉)

BunyabunyaBunyabunya2フォッカチオコンポート
























ブンヤパイン(南洋杉)

Bunya−Bunya Pine

 

ブンヤパインの学術名(Araucaria bidwillii)は、チリのインディオであるアラウカニ族から来ています。アラウカニは現地の植物であるモンキーパズルツリー:チリ松(A.araucana)から取れるナッツを食べていました。

ブンヤパインはもともと、野生のナッツや種子を採集した最初のヨーロッパ人であるアンドリュー・ぺトリーの名前をとってぺトリーズパインと呼ばれていました。今では、正式名称はイギリスの王立植物園(Kew Botanic Garden)にサンプルを送付したJ.C.ビッドウエルの名前から取っています。一般名はアボリジニ名であるブンヤブンヤから派生しています。


 ブンヤパインが属しているファミリーは原始的でジュラ紀(14000-9000年)のゴンドワナ大陸で進化した植物まで遡ります。化石の証明もまた、この植物ファミリーは古代に広範囲な地域に広がった事を示しています。しかし、その分布地域は時間が経つにつれ狭められてきました。最初の白人がオーストラリアに入植してきた時、ブンヤパインはクイーンズランド南東のジンピーの南に広がる海岸地帯、そしてクイーンズランド北部のロックハンプトンとケアンズの間でのみ見られました。今では、ブンヤパインは南東オーストラリア全体に生育しています。


 ブンヤパインは1本の幹で30m以上の高さに成長し、また粗いうろこ状の樹皮からなっており、葉は堅く先端は尖っています。古い木は、下の枝が細くなり大きな矢じりのような外観を呈する事で冠を形成します。この形から、遠方でもこの木を認識することが出来ます。木は雌雄同株で、雄・雌両方の球果を結実させます。しかし、雌の球果のみが食用ナッツを含有し、しかもすべての木が球果を結実させるとは限りません。球果を結実させる木にしても成熟するまでに14年ほどかかり、最終的に2.5cmほどの長さのナッツを覆った殻が10数個入った大きなグリーンのパイナップルに似た球果を結実させます。これを境に、場合によっては毎年、普通3年ごとに結実します。


 昔は3年ごとの豊作時期に数百キロ離れたところからアボリジニの部族が集まりナッツ採集が行なわれました。1850-60年代にブンヤパインナッツ儀式のために南東クイーンズランドにあるブンヤマウンテンとフラッカルレンジにアボリジニが集結したという記録が残っています。最後の盛大なお祭りは1876年に行なわれました。

集会は、重要な儀式やイニシエーションが実施された時だけでなく口論などの問題が決着した時などにおこなわれました。これらの活動が後でどう猛な戦い伝説の起源となり、これらの伝説が長期間に渡って続くであろうでん粉質のブンヤパイン中心の食生活に備えて、生き残った者たちの肉に対する味を満足させるカニバリズム(人食い)に結論づけられたことを意味していました。最初のカニバリズムに対する言及は、1800年代にビクトリア政府アボリジニ保護委員会の役人であったブロー・スミス(Brough Smyth)によってなされました。この伝説はそれ以来ことあるごとに引用されています。

ブンヤ山の山頂はモーバラン山(Mount Moubullan―名前は樹木の生えていない地表面から“禿げ頭”という意味に由来しています)と呼ばれています。この地域は神聖なところとされ、アボリジニ達は近くで露営しようとしませんでした。そのかわりに、近くの渓谷に集まり狩や饗宴を催しました。これはある意味では現実的な対応でもあったのです。というのも、木の近くで露営することは40mの高さから10キロ近い球果が落ちてくる危険性に直面しなければならなかったからです。


 ブンヤパインナッツはさまざまな熟成度によって食されていました。熟成する前の木から採集される球果は甘く、生の状態で食されました。しかし、採集するためには木に登らなくてはなりませんでした。大きな木には、今でも足がかりを作るために斧で傷つけた痕が残っています。ただ、記録によると木に登ることは普遍的な習慣ではなく、あるアボリジニの種族ではそうすることを厳格に禁じていました。足がかりがあったとしても、木に登った若者は、幹、枝、葉っぱの刺で傷ついたり刺されたりして悩まされました。当時のアボリジニの習慣について書いたクレメンツ博士は、このケガはブンヤパインナッツを中心とした食生活に帰すると述べています。彼の記録には“アボリジニは健康で良く育っているが・・・・・・若者は一般的に体中キズ痕だらけで帰ってくる”と書いてあります。


 熟した球果は地面で採集されました。ナッツは取り出された後、砕いて生のままで食べたり、またそのまま灰の中で蒸し焼きにしたりしました。灰による調理は炭と比較して時間がかかりますが、急激に高温で火を通してナッツが破裂する可能性が低くなります。調理されたナッツは砕いてそのまま食べるか、あるいは乾燥してひきわりにしました。調理されたナッツは風味・歯ざわりともに松の香りがほんのりしますがヨーロッパのチェスナットに似ています。生のナッツは、湿って水捌けの良い地中に数ヶ月間埋められます。ナッツは簡単に根を生やし、新芽が現れる塊茎を形作ります。地下貯蔵は、ナッツが乾燥することを防止し食物源としての期間を延長するという意味だけでなく、木のように堅い殻から食用部分を取り出すことを容易にする方法でもありました。芽の生えたナッツは回収され、殻のついた塊茎を除去してからローストして食べます。


 19
世紀には、ブンヤパインはその地域のアボリジニの重要な食物源であったことからクラウンランドのブンヤパインを伐採することは違法でした。不幸な事に、1889年にさかのぼってプランテーション用植物として推奨されていたのですが、現在は松の群生林は貴重な材木のために切り出されています。木材の特徴は既に導入済の松(Pius radiata)に似ています。また、1891年にナチュラルサイエンスレビュー紙(Revue des Sciences Naturelles)”Sur le Bunya Bunya”という記事はヨーロッパにおける栽培とその製品についての記述があります。

 現在では多くのブッシュフード専門シェフによってパン、フォッカチオ、コンポート等現代風に食べられるレシピが開発されています。


ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 23:26Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月07日

楽しく鍛える

今日は小雨の中でビーチバレー大会参加。
相棒のおかげで非常に楽しい一日だった。


お台場
















体を鍛えるにはさまざまな方法がある。
そして同じ鍛えるなら楽しいほうがいい。

眉間に皺寄せて苦しい思いして、根性で体を鍛える方法もある。
傍から見ていると、こちらのほうが”頑張っている〜”ようでやってる当人も充実感があるかもしれない。

しかし、この方法は一般的に長続きしない。

カンガルーマンは、ビーチバレーが楽しくてしょうがない。毎日やっても飽きがこない。

ストレス解消にもなるし、楽しいし、体は鍛えられるしで良いことづくめだ。

問題は、周囲にあまりにも楽しい楽しいと言っていると、なにかある種の反感をかってしまう可能性があることだ。

なので「難行苦行でとてもきつくて大変だ」と言っているほうが周囲の受けはいいのかもしれない。

が、誰が何と言おうと楽しいものは楽しい。

なので体が動かなくなるまでビーチバレーで楽しみながら体を鍛える方法を実践してゆくのだろう。


ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング  
Posted by Kangarooman at 23:06Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月03日

麻薬ドラマ・・・”Breaking Bad”

アメリカで大ヒットしたTVドラマ、「Breaking Bad」

アメリカの社会現象に興味ある人や時間に余裕のある人にはお薦め!

昨今、日本でも覚せい剤や危険ドラッグとかで麻薬関連の事件が多発している。麻薬関連事件では、アメリカは日本のはるか先を行っている。

麻薬がはびこる背景にはさまざまな理由があるのだが、麻薬先進国アメリカのある側面を垣間見るにはピッタリの素材かもしれない。

ストーリーの面白さ、ある程度のリアリズム、主人公と彼を取り巻く人たちとの人間関係、麻薬世界の怖さなど一度観始めるとなかなか止まらない。

カンガルーマンがアメリカに滞在していた1970〜1980頃には、既に麻薬が蔓延る土壌ができ始めていた。

最初は安いマリファナから始まり、コロンビアやタイ産の高級マリファナやメスカリンへ移行しながらハシシやコカインに取りあえず到達する。その後、エンジェルダスト、クラック等の合成麻薬あるいは、ヘロインにたどり着き体と精神を破壊するパターンがほとんどであった。

今回のドラマで扱われている麻薬はクリスタルメス(メタンフェタミン)で、アメリカでは大きな社会問題となっている。

アメリカで麻薬が蔓延した背景にはさまざまなそして複雑な理由があるのだが、根本的問題は、人種差別、貧富の格差、さらに目先の享楽を求める価値観にあるとカンガルーマンは見ている。

これらは現在日本でも起きつつある問題ではなかろうか?

特に”目先の享楽を求める価値観”の流行が最も危うい。

そういった現象を念頭に置きながら、そして同じような事象が日本で起きないことを願いながらこのドラマを観て欲しい。

アメリカで何故このドラマが大ヒットしたのか?それはある種の真実を暴いたからこそ多くの視聴者の共感を得たのだろう。

清帝国は阿片に滅ぼされたという歴史事実があるということを忘れてはならない。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 16:37Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月01日

健康寿命のお手本ー驚異の85歳

こんな85歳見たことない!

というか、実際はこの85歳のオジさんに先週会った。
「敢えてオジさんと言おう。」

見た目、体の動きがお爺さんではなく、「オジさん」だからだ。

世の中さまざまな健康法が氾濫しているが、そういった方法とは全く関係なく元気なお年寄りに初めて出会った。

以前、出会った90歳現役テニスプレーヤーお爺さんは、それなりの健康法を実践していたので、この85歳「オジさん」とはやや異なる。

このオジさん、見た目は70代前半で、体の動きは60代。さらに耳も、目も、頭も全く普通。

毎日、2〜3合の晩酌を欠かさず、タバコは1日ひと箱で独り暮らし。

普段はほとんど外食で毎晩出歩いているとのこと。

その「オジさん」曰く、「健康法なんて考えたこともない。毎日好きなことをやって、食べて、出歩いているだけだよ!最後に人間ドック行ったのがいつか覚えてもいないよ。」

むー、なるほどこれが「オジさん」流健康法なのかもしれない。

自分自身もこの「オジさん」に近いライフスタイルかもしれないが、元気なお爺さんの大先輩に出会った気がする。

要するに「あれこれ考えずに、やりたいことをやる」、が答えなのかもしれない。

最近の日本人は、あまりにも考えすぎて簡単な原理を難しく捏ねくりまわして、複雑にして、訳の分らぬ蘊蓄話に仕立て上げ、最後はストレスとなってしまって病気になってしまう。

というパターンかもしれない。

物事も、健康談議もこの「オジさん」みたいにシンプルで単純明快が最良の健康法かもしれない。

尤も、「オジさん」は「例外あるいは持って生まれた体質」で片づければそれはそれで単純明快では、あるのだが・・・・・。

まあ、エライお爺さんに出会ってしまった。

カンガルーマンなんてこの「オジさん」からみたらハナタレ小僧だわい。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 23:58Comments(0)TrackBack(0)