2013年07月30日

孫が応援

先週末のビーチバレー大会に孫が応援にきてくれた。
孫と

この日はメチャメチャ暑くて砂にまみれてヘロヘロだったのだが、孫の顔をみると元気いっぱい。

結局2勝3敗の成績で終わった。






日本のビーチバレー人口がどれだけいるか知らないが、64歳が目の前に迫って、孫が応援にきてくれる草ビーチバレー選手は多分いないのだろうな〜。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング
  

Posted by Kangarooman at 23:21Comments(0)TrackBack(0)

2013年07月18日

参議院選挙

参議院選挙が間近に迫ってきたがもう一つ盛り上がりに欠けるようだ。

それもその筈、今回は自民党の圧勝に終わりそうな感じで、あまりにもワンサイドゲーム的感覚になってしまっているからかもしれない。

それと野党があまりにもだらしなさすぎる。

問題は、自民党が圧勝して衆参両院で過半数を占めたあとどのような政治をおこなってゆくかというところだろう。

参議院選挙後、少なくとも3年間は自民党の思い通りの政治と政策を実行する時間がある。

そしてこの3年間でどれほどの実績を上げられうかによって将来の日本の姿が見えてくるだろう。

これからの日本に求められているリーダーは、徳川家康のような政治家だろう。

米ソ2極構造が終焉して30年近くたった今、東アジアはもちろんのこと世界は混とんとしている。

さまざまな価値観が入り乱れ、異なる価値観を持った国や地域同士が疑心暗鬼となり覇権争いに奔走している。

こうした状況下では、目の前の状況に惑わされず、じっくりと腰を落ち着け、世界の中に置かれている日本の立ち位置を確認し、向こう10、20、30いや100年先を見据えたグランドプランを描けるリーダーでなければならない。

そのための教育、経済、社会構造の基礎を作り、さらには国際関係を構築しなければならない。

向こう3年間の自民党の先生方のお手並み拝見だ。

前回の民主党のような体たらくだと国民から見放され、日本国内のガラガラポンが始まり、若い世代を中心とした全く新しい価値観に基づいた革命的日本に生まれ変わるかもしれない。

それはそれで面白いかもしれない。

こうした観点からも今回の参議院選挙の結果は重要だ。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 23:39Comments(0)TrackBack(0)

2013年07月08日

カンガルーバーガ―

梅雨が明けた途端に猛暑到来。
カンガルーバーガ―


そういう時にお薦めなのが、低脂肪高蛋白のカンガルー肉を使用したカンガルーバーガ―。

脂肪ほとんどゼロなので胃にもたれない。






適度な運動をして、カンガルー、鶏肉そして魚中心の食生活をおくることで暑い夏を乗り切っているのがカンガルーマンライフ。

過去数十年夏バテとは無縁のカンガルーマン。

騙されたと思ってトライしてみてください。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング
  
Posted by Kangarooman at 18:06Comments(0)TrackBack(0)

2013年07月02日

中国

最近というか、ここ20年ほど中国の話題がメディアに掲載されない日がないようだ。

カンガルーマン自身は中国が計画経済から所謂市場経済に移行してから自分なりの目で中国をウオッチしてきた。

そして何も確たる根拠も、証拠も、データも持ち合わせていないのだが、時期はハッキリしないものの「中国は3つに分裂する」な、と最近では思うようになってきた。

あくまで勘なので、外れる可能性が高いだろうが・・・・。

一つ目は、欧米つまり西側寄りのグループ。
二つ目は、これまで通りの共産主義グループ。
三つ目は、民族主義を標榜するグループ。

これら三つに分かれるのでないかと思っている。

そしてそれぞれのグループを後押しする国々が連なり、新たな三国志が展開したりするのではなかろうか?

日本を含めた西側諸国にとっては、人口5億位を擁する西側寄り民主中華共和国でも建設されれば、商売のやり易い新市場が形成され今の経済的閉塞感を打破するには歓迎すべき現象となるだろう。

いずれにしても中国の動きから目を離せない。

無責任な言い方かもしれないが、歴史的変革の真っ只中に生まれ、それを目撃できることは歴史好きのカンガルーマンにとってはとてもエキサイティングな毎日だ。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 18:09Comments(0)TrackBack(0)