2013年03月29日

TOEFLに異論!?

TOEFLがいままで英語教育で導入されていなかったのがおかしい。

何を今頃になって!!!

そしてそれを導入しようとしたら異論だと!

日本の英語の先生達何かを勘違いしているのではなかろうか?

英語を独自で勉強してバイリンガルになったカンガルーマンからみればTOEFLは非常に効率的でしかも効果がある。

その効果と実績が証明済みなテスト方式導入に反対する理由として考えられることは一つしかないだろう。

それは英語の先生達がTOEFLに合格するだけの力を持ってないからではないか?

カンガルーマンが思うには、まずこの「英語教育」という言葉から変えるべきだろう。

言語習得は”学問”ではない。

これを”学問”と捉えようとするする出発点が間違っているのではないか?

学問となるのは、その言語を習得した後にアカデミックな分野で研究活動を行って始めてからだろう。

それまでは「言語習得トレーニング」が正確な表現でなかろうか?

「言語習得」がしっかり出来たかどうかを確認しるのがTOEFLテスト。

したがってTOEFLに合格(高い点数を取得)するためには、読む、書く、聞く、話すがしっかり出来てないとならない。

そうすると自ずからその為のトレーニングを施さねばならない。カンガルーマンの感覚からすると、言語習得はまさにスポーツの世界と酷似している。

体育会系の世界だ。

練習、練習、練習の積み重ねで、頭ではなく体で覚え、体全体に浸みこまさなければならない。

自動車教本を勉強して完全に隅から隅まで記憶してマスターしたからといって、自動車が運転出来るわけではない。

言語習得の早道は、英語の先生達がそれが学問であるという概念を捨てさることから始めなければならない。

参考までに書くと、カンガルーマンは25ー27歳のころTOEFLテストを3回受けた。
1回目は430点、2回目505点、3回目576点だった。
1回目から3回目の576点に到達するまで1年半かかった。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング  

Posted by Kangarooman at 18:16Comments(0)TrackBack(0)

2013年03月24日

経営革新計画

カンガルーマンが現在取り組んでいるプロジェクト
経営革新計画

今月中に仕上げて東京都に申請を出すべく準備中。

新たな事業を起こすべく昨年の6月から取り組んでいる。







新たな事業のアイデアが頭に浮かんでから既に10年以上が過ぎた。日々の業務をこなしながら、ビーチバレーをやりながら、健康に気をつけながら、世の中の動きを見ながら頭の中を整理するのに10年以上が経過してしまった。

今の日本は、チャレンジしようと思えばさまざまなチャンスが転がっている。しかも政府や地方自治体もそういう人や企業を応援する仕組みを作ってある。

あとはそれを如何に活用するかだ。

景気が悪い、政治が悪い、若者は頼りがいが無い・・・・・・と、不平不満ばかり言って何もしなければ何も進歩が無い。

やる気と行動力さえあればあらゆることにチャレンジできるのが現在の日本だ。

カンガルーマンの元気の源は、

規則正しい生活、スポーツ(ビーチバレー)、そして前向きに取り組む精神構造だ。

物理的年齢は抗しようがない。

しかし肉体年齢と精神年齢はある程度まで調整可能だ。

ということで、申請書の完成に向けて最後のラストスパートをかけるカンガルーマンだ。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング
  
Posted by Kangarooman at 21:04Comments(0)TrackBack(0)

2013年03月13日

円安

円安はカンガルーマンにとって厳しい!

仕入れの大きな部分を輸入が占めているので尚更だ。
昨年の10月頃から円安に転じて、わずか5カ月で¥80から現在のレート¥95になってしまった。

これまでジッと我慢の子で値上げしないように努力してきたが、そろそろ限界だ。

まともな事業運営ができない。

しかし値上げをするにしても社内為替レートをどこに設定するかで頭を悩ませている。

現時点では円安がどこで落ち着くかが全く見えないからだ。

かといって何もしなければ、ズルズルと損失だけが膨らんでしまう。

これは中小零細規模の輸入業者に共通する悩みだろう。

2%インフレをターゲットとしているアベノミクス効果と言えばそうなのだが、確実に輸入品や輸入原材料価格は高騰する。

多分半年〜1年先には、輸入原材料を使用している製品価格は上昇するだろう。

が、しかしここで疑問というか、不安材料としては、価格上昇により消費者マインドがさらに冷え込み買い控えに拍車がかかるのではないか?ということだ。

所得アップといっても、大幅な賃金上昇は期待できない。

カンガルーマンの生き残り策として考えることは、

1.消費者に必要不可欠な製品・商品開発に磨きをつける。
2.価格に左右されない高品質商品で富裕層に的を絞ったマーケティングを心がける。
3.消耗品しか扱わない。
4.無駄を省いた省エネ経営(固定費を増やさない)を徹底化させる。

上記4点が柱となるのだろう。

日本経済の90%以上を占めている中小・零細企業のオーナー達ががカンガルーマンと同じような思考回路で事業運営をした場合、本当に給料が増え、雇用が増えて、購買力が増加するのだろうか?

はなはだ疑問だ?

このアベノミクス、中小零細企業オーナー達の心理と思考回路分析をちゃんとやったのだろうか?

それも疑問だ。

なんせ、中小零細企業オーナー達は会社が倒産したら責任は全部自分が被らなければならないので常識では測れないほど慎重な筈だから。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング
  
Posted by Kangarooman at 17:01Comments(2)TrackBack(0)

2013年03月08日

春だ〜

先週までは寒さと爆風の中でのビーチバレーだったけれど・・・。
冬ビーチ
先週はサンドソックス履いて、ウインドブレーカー着ての練習とゲーム。





今週末は、サンドソックス脱いでTシャツで動き回れそうだ。

暖かい日差しと、青い空の広がりそうな週末が待ち遠しい!!!

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 17:07Comments(0)TrackBack(0)

2013年03月04日

成長戦略

”日本経済の動向”というタイトルの講演会に行ってきた。
講演会

主催者から録音や撮影を禁止されたので、具体的内容については言及できない。

しかし話の内容はとても理論的で建設的だったと報告したい。






特にこれからの成長戦略については、非常に希望の持てる具体的プランを政府が考えていることが分かった。

これだけでもビーチバレーを早く切り上げて講演会に出席した価値があった。

新政権の下で金融政策と財政政策が進行している現在、これからの課題は経済の中身である成長戦略がどのように描かれ、そして戦略に策定されているプランが着実に実行されるかにかかっている。

成長戦略の方向性は、これまでカンガルーマンが述べてきた「世界が必要とするあるいは欲しがる製品やサービスを創り出す」ということに焦点を合わせているようだ。

もしこの成長戦略が実行に移され、具体的結果に繋がった暁には一皮剥けた新しい日本が生まれるのではないかと期待させるに十分な講演内容であった。

一皮剥けた新しい日本、つまりカンガルーマンが理想とする、「無駄のない、筋肉質でクオリティの高い体を持った日本」ができあがるかもしれない。

これからの政府の動きを一つ一つ目を凝らして注視してくつもりだ。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 22:00Comments(0)TrackBack(0)