2012年10月24日

若者達と共に

最近ビーチバレーについてあまり書き込みをしていないのだが、書き込んでいないだけで毎週キッチリとやっている。

体力と健康維持には欠かせない。

この年になると、体力と健康維持は仕事と同じくらい、いやそれ以上の比重を占めてくる。
お台場4人制3位入賞







先週末は秋晴れの下、お台場の4人制大会に大学生と一緒に出場。

結果は2位グループの3位。

結果云々よりも、同じ環境で、同じ目標に向かって、そして同じ目線で共同作業をするところに意義がある。

そうすることで彼らと気持ちを共有することが出来る。

彼らと話をしたり行動を共にすることで商品開発やマーケティングのヒントを多々もらえる。

ということで、ビーチバレーも仕事の一環になりつつあるカンガルーマンのビーチバレーライフ。

会社の中でビーチバレー事業部を立ち上げるのもそれほど遠い将来ではないかもしれない。

仕事と趣味が一致すればそれはそれで幸せだ!

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  

Posted by Kangarooman at 18:00Comments(0)TrackBack(0)

2012年10月14日

日米安保条約

この名称は、日米植民地条約と変更すべきだろう。

この事実を日本国民は受け入れていながら、認めようとしていない。

だから、日米安保(安全保障)条約などという欺瞞に満ちた名称で満足している。

そうすれば尖閣の問題でも、経済の問題でも、政治の問題でもスッキリとその問題の原因と解決方法が見えてくる。

植民地であるという事実を出発点として、そして国民にその事実を知らしめてから少なくとも向こう50年の国の戦略を立てなければならない。

それを曖昧にしておくから物事がややこしくなる。

つまり植民地のままの戦略か?
あるいは将来の植民地脱却を考えたうえでの戦略か?

それによって戦略の道筋が大きく異なってくる。

きな臭くなってきた東アジアの状況も加味しながら早急に戦略素案(既に作成済みかどうかは知らないが)を作り、国民の前に提示すべきだろう。

その第一ステップが、日米安保条約の日米植民地条約への名称変更となる。

国の根幹が曖昧なままで進むといつかは矛盾が露呈してしまう。

そしてその時期(植民地状態の継続かあるいは脱却かを決める)は刻々と迫っている。

まあ、民主党も自民党も安保条約と日米同盟は継続と明言しているので植民地状態継続なのだろうが・・・・・。

最も現実的な方向性は、植民地状態であることを自覚しながら継続し、しかし脱却しようと思えばいつでも実行できるような国の体制に移行すべきだ。

そのためにも、私達国民一人一人が日本はアメリカの植民地であることを自覚すべきだろう。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 20:20Comments(0)TrackBack(0)

2012年10月04日

脂肪ほとんどゼロ・・・・ルーソーセージ

これほど美味いとは・・・・・・!!!

食べたのは地下鉄日比谷線広尾駅から歩いて7〜8分のところにある
ソーセージスタイル流行-hyari-

ルーソーセージ


皿の上のソーセージは乾いた感じで、既存のソーセージを見慣れている人には多分美味そうには見えないかもしれない。











ルーソーセージ2

が、一旦ナイフを入れるとホワッとした肉の香りが漂ってくる。そしてソーセージの一片をほおばると口の中に純粋な肉の風味が広がってくる。

さらに軟らかいがやや腰のある肉片をかみ砕いて行くにつれ、うっすらとした塩味、スパイス、肉の風味が程良く調和された形で口の中全体で踊りだす。

美味い!!!






野生の肉だからこそ味わえる未知のソーセージ味と歯触りが体験できるルーソーセージ。

是非とも多くの方々にこの美味しさを味わってもらいたいものだ。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 22:32Comments(0)TrackBack(0)