2012年09月27日

もう少し工夫が必要だったのでは?

というか、この先どうなるのだろうかと不安を覚える。

天下の無責任男が自民党の総裁に選ばれるとは・・・・!
空いた口が塞がらない。

これは安倍新総裁個人に対する批判ではない。

安倍総裁を選んだ自民党に対する失望の念だ。

政権を再奪取して、新しい自民党をアピールし、まさに新しい日本を作り上げようという大きなチャンスを前にしてこのような選挙結果とは・・・・、自民党そのものが何も変わっていないことを証明してしまった。

結局のところ、既得権益とシガラミに身動きとれないのが既存政治家達の現状なのだろう。

江戸幕府が世界の流れについて行けなかったのもこの二つの要素が大きな原因だったといっても過言ではない。

歴史は繰り返すというが、既存政党や既存政治家達はその辺りのことが見えているのだろうか?

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  

Posted by Kangarooman at 17:33Comments(0)TrackBack(0)

2012年09月19日

尖閣諸島ー2

尖閣諸島をめぐっての日中のイザコザが続いている。

お互いが自分の領土と言い張って譲らないので、これからも平行線をたどるのだろう。これまでの経緯と現在の状況からすれば、中国に政変でも起きて国が分裂でもしない限りこの問題は解決することはないだろう。

我が国が気をつけなければならないことは、どのような事態が起ころうとも相手の挑発にのらないことだ。そして国際世論を味方につける最大限の努力をしなければならない。

最悪のシナリオは:

尖閣周辺で漁業活動する中国漁船(民兵が紛れていようといまいと)の挑発にのって、日本の巡視船が手荒な扱いをすることだろう。

彼らは日本の巡視船が手荒な扱いをするように仕向けるために、ありとあらゆる手段(暴力を含む)を使って挑発してくるだろう。

ここでもし日本サイドが漁船乗組員に間違って怪我でもさせたら、先方は鬼の首でも取ったようにして国際世論に訴える。

「日本の軍国主義者達は中国の一般市民である漁船乗組員に迫害を加えた。やはり戦前の日本と全く変わっていない。危険な国家日本というイメージを最大限にして作り上げる。」



最良のシナリオは、当然のごとく日本は「良い子で」中国は「いじめっ子」というイメージと構図を国際世論に自然な形で作り上げることだ。

それには何はさておいてもどのような挑発にも反応しない毅然とした姿勢を貫くくべし。

そうすれば最終的に中国は国際的に孤立することになるだろう。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング
  
Posted by Kangarooman at 18:10Comments(0)TrackBack(0)

2012年09月12日

RED BULL

という清涼飲料水がある。

もともとはタイで埋もれていた栄養ドリンクだったらしい。

この商品、嫌いではないが商品の内容とイメージを分析すればするほど昨今の健康志向というトレンドと常識から大きく外れている。

普通の企業で商品開発担当者がサンプルと企画書を上司に提出して予算を取ろうとしたら、即却下だろう。

却下する理由として:

1.小売価格が200円(普通の清涼飲料水の約2倍だ)。要するに高い。
2.カフェイン含有量80mg、ナトリウム200mg。不健康
3.ナチュラル・ヘルシー志向から大きく外れている。
4.だから消費者が買うわけがない。

といったところだろう。

だが現実は、バカスカ売れている。以前は一部のコンビニで扱っている程度だったのだが、今ではどこのコンビニに行っても置いてある。

ウイキペディアによると、2009年の全世界の販売数は39億本で売上額は3500億円だそうだ。

消費者がアホといえば極論だが、売る側のイメージ戦略の勝利と言っても過言ではないだろう。

常識では売れないはずの商品をイメージ戦略と結合させてヒット商品にしてしまった。

最終的に出来上がった今のイメージは、”アスリートのパフォーマンスを上げるためには必要なドリンク”ということではなかろうか?

そして今では、スポーツ選手が試合に臨む前に元気をつけるために飲む光景をみかけるようになった。

イメージ戦略恐るべし!

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 23:11Comments(0)TrackBack(0)

2012年09月06日

CLA(共役リノール酸)

知り合いやお客さんに「何故”アスリートジャーキー”なのですか?」と、問われる。
アスリートルージャーキー
それはアスリートにとって欠かせない要素を含有しているからだ。



そして、その要素とは?

1.類稀なる高蛋白質  57.4g/100g
2.低脂肪 1.4g/100g
3.ナトリウム 1900/100g
4.鉄分 6.4mg/100g
5.CLA(共役リノール酸) 20mg/100g

特にこのCLA(共役リノール酸)の含有率は特筆すべき要素だ。

*CLAは体脂肪燃焼効果と筋肉増強効果の高い物質として知られており、多くのダイエット希望者やアスリートがサプリという形で活用している。

例えばCLA含有率が高いと言われている既存食品と比較してみると、アスリートジャーキーのCLA含有率がいかに高いかが良く分かる。

これまで知られているCLA含有量ベスト5食品(脂質1gあたり)
1.練乳:7.0mg
2.羊肉:5.6mg
3.牛乳:5.5mg
4.プロセスチーズ:5.0mg
5.バター:4.7mg

これらに対してアスリートジャーキーのCLA含有量は14.4mg/脂肪1gという驚異的な数字となっている。

これはサプリメント以外の一般食品では最高の含有量。

カンガルーマンがこの年齢でもビーチバレー可能な体型を保てている理由が分かった気がする。

CLAのお陰でビーチバレーが続けられる!!!

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 14:53Comments(0)TrackBack(0)

2012年09月03日

良きパートナー

今年で14歳になる。
アキ



家族の一員として欠かせない存在だ。

これまで病気一つしたことが無い。










元々が丈夫な犬種なのだろうが、それでも健康なのは以下の要素によるところが大きいのではなかろうか?

1.規則正しい生活。毎朝・毎夕ほぼ決まった時間に散歩。
2.粗食(余計な食べ物はほとんど与えない)
3.適度な運動(散歩中にリードを外して自由に歩かせる)

健康というものは特別に何かをすることではなく、当たり前のことを継続することで得られることが動物にも当てはまるようだ。

あと何年元気でいるか分からないが、今のところ毛並みを見る限りとても健康そうだ。

既に死んでしまったが、我が家で飼っていた猫2匹は同じようなライフスタイルで18歳と22歳まで元気だった。

このパートナーが居なくなったら、多分次はないだろう。

きっと飼い主よりも長生きするだろうから。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 17:56Comments(0)TrackBack(0)