2012年08月29日

どんどん変化する!

ビックリするくらいのスピードで変化している。
生まれた当日

生まれた当日





9日目



9日目










10日目



10日目








今こうして生まれてくる赤ちゃんたちがこれからの21世紀を担ってゆく。

私達消えゆく世代の最大の責任は、彼らが大人になった時にこれまでと同様安心して暮らせる社会と世界のインフラを作り上げ、遺産として残してゆくことだろう。

その遺産を彼らがどのように活用するかは、これからどのような教育を与え、そして受けるかにかかっている。

世の中の全ての大人たちは、自分達がこれからの子供たちに対してどれほど大きな責任を担っているか自覚しているのだろうか?

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  

Posted by Kangarooman at 18:29Comments(0)TrackBack(0)

2012年08月22日

初孫

何ともまだ実感が湧かない。
初孫

自分に孫ができたとは。





現在の自分の年齢からすれば当たり前のことなのだろうが・・・・・・・。

でも可愛いなあ〜。

と・・・・・・思いながら、同時に「この子はひょっとしたら22世紀を覗くことができるかもしれない」とか、くだらんことを考えたりしてる、新米爺ちゃん。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング
  
Posted by Kangarooman at 17:38Comments(4)TrackBack(0)

2012年08月17日

尖閣諸島

尖閣諸島をめぐる対応について政府が弱腰だという批判をあちこちで目にする。

この問題の処理を誤ると日本はとんでもない方向に向かってしまう可能性大だ。

以前も指摘したことだが、尖閣問題に関わらず中国と付き合ううえで私達が常に頭入れておかなければならない事実がある。

「日本にとって現時点では中国は必要不可欠無くてはならない状況に陥っているが、中国にとっては日本は必要不可欠な存在ではない。」ということだ。

中国に進出している多くの日本企業を人質にとっているという事実だけみても、中国は圧倒的に有利な立場に立っている。

太平洋戦争の結果をみても明らかなように自分の立場をわきまえずただ単に力で押していっても、大きな傷を負うばかりだ。

尖閣、竹島、北方領土問題を解決するには長期ビジョンに立った国際広報活動を活発化させる以外に方法はない。

要するに、日本が発する意見だったら誰もが納得するが、中国や韓国の言う事は信用できないという状況を作り上げることだ。

それには官民あげてあらゆる知恵を結集したプロジェクトを立ち上げて推進しなければならない。

ただ単に「弱腰だの、毅然と立ち向かう」とか叫んでみたところで問題解決には程遠い。

国際世論を味方につけてはじめてこうした問題の解決法は見えてくる。

そのためにも長期ビジョンにたったプロジェクトに期待したいものだ。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 14:00Comments(0)TrackBack(0)

2012年08月09日

?????

馬鹿にしてるのか、私達庶民を

「近い将来」と「近いうち」の表現に意味の違いがあるのか?

というか、こういうことで時間を費やしているようでは彼らに期待できることは何もない。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング


  
Posted by Kangarooman at 22:46Comments(0)TrackBack(0)

2012年08月03日

Buy American!

"Buy Amerian"という運動がジワジワと広がっているようだ。

ここにアメリカ経済復活の芽を感じる。

シェールガス開発の動きと連動してアメリカ製品購入運動が広がれば、アメリカ経済は必ずや復興する。

アメリカ人の友人や知り合い達もこの運動に賛同しているようだ。

それともう一つ広がりつつ運動が、質素倹約の考え方だ。

これはただ単に質素倹約するということではなく、「無駄な安物買いをせず品質本位・一生物の買い物をする。」ということだ。

これらの動きがうまく噛み合いだし、さらにアメリカの伝統的価値観である質素・勤勉・実直が加味されればアメリカ経済はアッという間に再生するだろう。

しばらく様子をみなければならないがこれからのアメリカ社会、政治、経済の動きから目が離せなくなってきた。

そしてこのアメリカ経済の復活が、今後の世界の動きに大きく影響することとなる。

日本のリーダー達はこの兆候をしっかりと見据えながら中国と向き合わなければならない。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング
  
Posted by Kangarooman at 18:41Comments(0)TrackBack(0)