2012年05月28日

今年初めての

お台場大会に参加。
お台場大会


結果は2勝4敗。

4敗したけれど、20〜30代の若者達相手に内容はそれほど悪くなかったのでかなり満足。

同時に相棒に感謝!!!







そして大会で体力を消耗した後は、当然・・・・
ルーステーキ

ルーステーキ。

兎に角動物性タンパク質が大量に欲しくなってくる。
脂肪が無いのでいくらでもお腹に入る。

お肉でお腹が一杯になっても、胃にもたれない。

低脂肪・高タンパクだからこそ可能だ。

食べながら体中にエネルギーが満ち溢れてくるのが感じられる。




食べたお肉がそのままとなりとなるような感覚!!!

この感覚は運動した後に食べてみないと分からないのだろう。

出来るだけ多くのアスリートにこの感覚を感じてもらいたいものだ。


ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング
  

Posted by Kangarooman at 23:04Comments(0)TrackBack(0)

2012年05月22日

嬉しい出来事

料理は人との距離を近づけてくれる。

先週末、娘の家に行ってきた。

普段豚肉はほとんど食べないのだが、今回は特別だ!
ポークピカタ


娘婿が作ってくれたポークピカタ。

お肉の向こうに見えているのがブルーチーズを絡めたニョッキ。









イタリア系アメリカ人である娘婿が母親に教わったイタリアン家庭料理とのことだ。

こういう心のこもった料理ともてなしは嬉しいし、美味い!!!

これで娘婿との距離がまた少し縮まった気がする。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 22:42Comments(0)TrackBack(0)

2012年05月17日

Fukushima Diary

中に書かれている内容と情報が正しいのかどうかは現時点では判断できないが、時々覗いてて見る価値がありそうだ。

Fukushima Diary

既存のメディア以外の情報源を持ち、さまざまな角度から自分なりに検証することが必要だろう。


ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング


  
Posted by Kangarooman at 23:45Comments(0)TrackBack(0)

2012年05月10日

陸山会事件

引き続きカンガルー肉について書きたいのだが、今日は旬の話題について脇道にそれることにした。

一審判決で無罪判決となったからこれで終わりかと思ったら、指定弁護士が控訴して継続だと・・・。

新聞に書いてあることだけからしか判断できないし、しかもこちらは法律の専門家でもないので難しいことは分からない。

しかし庶民目線でみた場合、「いい加減にしろよ!」と言いたい。

「そもそもこの裁判と控訴は一体何が目的なのか?」というのが偽らざる疑問だ。

「政治資金規正法の厳格適用化か?それとも小沢氏の政治生命抹殺か?」

マスコミ報道によると、問題とされている違反内容は「政治資金規正法違反(政治資金収支報告書虚偽記載)」というえらく難しい名称の違反事件とのことだ。

が・・・・、違反の具体的内容はというと「土地購入日と実際に登録した年度が異なる、つまり土地を購入した年度に登録すべきところをしなかった。」ということらしい。

こんな些細なことで頭のいいマスコミ、法律家、政治家等のオッサン達が大騒ぎして3年以上もワイワイやっている。

自分らのような庶民感覚だと、「アッ、日付間違えたから訂正します。」で終わりだろう。

別に人のお金盗んだり、人様に迷惑かけたわけでもないのだから。しかも土地購入には銀行を通してチャント自分のお金を使って立て替えているのだから。

「銀行に利子まで払って借入れすることがおかしい」なんていう意見もあるようだが、こんなことはかなり当たり前だ。

自分で商売やっている人達は良く分かっているが、会社に自分のお金を貸し付ける時などは、直接貸さないで銀行に預金担保という形でお金を差し出し、銀行が会社にお金を貸し付けるということなど日常茶飯事だ。

いずれにしても、何か悪い事をしようと思ってお金を動かす時は、銀行など使わないで証拠の残らない全て闇から闇へと現金で処理するのが普通だろう。

記録と足跡の残る銀行を経由させたことのみ見ても、当人達に悪意があったとは思えない。

もし本当に政治規正法違反を摘発することのみが目的ならば、全ての政治家の政治資金収支報告書を徹底的にチェックしたらいい。

そして記載漏れ、記載間違い等の不備を見つけたら全て起訴すればいいだろう!!!

多分全員が起訴され裁判となり、政治家全員を入れ替えなければならなくなるのではないか?

そうなれば革命だ(笑)


ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 22:38Comments(0)TrackBack(0)

2012年05月07日

ますます熱くなるルーミート(カンガルー肉)-その4

ルーミートではないのだが、今回はオーストラリア産ワイルドボア(野豚)。

つまり野生の豚。

やはりルーミートと同じように脂肪が少ない。
それでいて柔らかく弾力性のある肉で歯ごたえがある。

この柔らかく弾力性のある歯ごたえというのが天然肉の特徴なのだろう。

天然魚にしてもしかり、また地鶏も同様だ。
Wild BoreWild Bore2















クロックポットで調理した野豚。

サッパリして柔らかいが、噛めば噛むほどお肉の味が出てくる。

それでいてクセが無く食べやすい。

普通の家畜肉と比べたらやや高いのだが、どうせ食べるなら健康的で美味い方がいい。

これから我が家の調理用お肉には、ルーミート、ワニ、ダチョウにワイルドボア(野豚)が加わることとなった。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 16:56Comments(0)TrackBack(0)

2012年05月01日

ますます熱くなるルーミート(カンガルー肉)-その3

天然だから世界で最もクリーンな食肉!

オーストラリアは世界で最も大きな他とは隔離された島と言っても過言ではない。

面積は日本の約20倍で、人口は約6.5分の気澄
産業の中心は、農業、漁業、鉱業、軽工業、観光が主となっている。

さらにオーストラリアの環境基準は世界で最も厳しいと言われている。

つまりオーストラリアの大地は限りなく汚染されていない。

そのクリーンな大地を自由に駆け回っているカンガルーが汚染されているわけがない。

それを証明するように、カンガルーマンの会社が輸入しているカンガルーの汚染度を調べたところ、農薬、重金属、抗生物質、ホルモン剤等全53項目で全て「検出せず」、という結果が出た。

これは検査機関もビックリの結果で、普通ではありえないとのことだった。通常は何がしかの物質が検出されるのが普通だからだ。

カンガルー肉を食する人達に共通していることは、天然肉の食感に魅せられていることに加えてこのクリーンさが大きな要素となっている。

既存の天然肉で、組織的にそして大量に供給できる体制が整っているのはカンガルー肉のみだ。

近い将来、日本国内においてもスーパーや食肉店でカンガルー肉がオーストラリアのように陳列される日がくるのだろう。

それまではこのお肉の良さを出来るだけ多くの人々に地道に紹介するつもりでいる。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 16:08Comments(0)TrackBack(0)