2011年05月29日

外国人妻達のパワー

日本人男性を夫としている外国人女性達のグループAFWJがある。

スタートは数人の外国人妻達が集まってできたグループらしく、創立は1969年だとのことだ。今では500人を超すメンバーにまで成長し、日本全国にメンバーは散らばっている。

彼らの恒例行事として、1年に一回の全国大会が開かれる。開催場所は毎年異なっており、今年はお台場での開催だった。来年は四国の高松で開催されるそうだ。

今日の参加者は約150人。

聞いただけでも、九州、四国、関西、東北、メキシコ、サンフランシスコ等、日本各地のみならず海外からの参加者も7、8人いたそうだ。

2泊3日で勉強会、食事会、飲み会、放談会等々のさまざまなプログラムを通してメンバー同士の絆が強まってゆくとのこと。

彼らが例外なく共有している要素は「日本人男性」と結婚しているということだ。その要素を基軸にしてさまざまな話題が出てくる。

今回は主催者の新企画として、外国人女性を妻に持った男性達の意見や考えを聞きたいとのことでパネルディスカッション形式でのスピーチを依頼されることとなった。

AFWJ DiscussionAFWJ Discussion 2








今日出席した男性諸氏に共通した意見は簡単に述べると、
「一般的には国際結婚という形式で捉えられているものの、根底にあるのは人種や国籍とは関係ない、それぞれ一個人としての関わり合いである。」ということだった。

つまり価値観や文化的背景の違いは、日本人同士でも存在する問題でお互いが角突き合わせて自分の主張だけしていると綻びたり離婚という結果になってしまう。

カップルとして日本国内では異質に見えるとしても、中身は日本人同士のカップルと大差ないといったところだろうか?

要するに、それぞれの違いを認識しながら妥協するところは妥協してお互いが足りないところを補完しながら同じ屋根の下で暮らしてゆくという至極当たり前の結論に達した今日のパネルディスカッションだった。

ただ普通と大きく異なるところは、こうして異国の地に根を生やしてある種の社会的偏見のもとで逞しく生活しながら、ネットワークを組織化し、会報を発行している彼女達のパワーは素晴らしい。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  

Posted by Kangarooman at 21:43Comments(0)TrackBack(0)

2011年05月23日

ちょっと息抜き



日本人のユーモアも捨てたものではない!

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング
  
Posted by Kangarooman at 23:03Comments(0)TrackBack(0)

2011年05月19日

似ている!

古本屋で買った戦時中の週刊誌
週刊毎日 昭和18年10月17日号週刊毎日 昭和18年11月21日号













週刊毎日 昭和19年9月17日号昭和19年12月17日号














何が似ているかと言えば、記事のトーンと書き方が現在の原発事故の現状と今後の対策について書いてあるこれまでのマスコミや政府の論調だ。

例えば:

・全て順調に行っているので安心を・・・・。
・専門家と称する方々を招いての座談会で現状と今後の展望を楽観的観点から分析して国民の不安感を取り除く。
・今は大変だけれど、政府や専門家はしっかりと手をうってあるので勝利は間違いない。
・だから国民は我慢して、さらに一致団結して国難を乗り越えよう。

戦争の結末がどうだったか分かっているので、そこで書かれていることのほとんどが嘘だということは明白だ。

しかし当時の国民は「おかしい」とは思いつつも嘘だとは思っていなかったに違いない。

しかるに、これまでの原発関連報道や政府の発表に嘘はなかったのか?

今頃になって1号機のメルトダウンを発表している。

戦時中の記事を読み返しながら、今の権力者がどこまで真実を語っているのか非常に疑問を感じているカンガルーマンだ。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 22:44Comments(0)TrackBack(0)

2011年05月17日

宇宙人かい!!!

国のリーダーの1人であるべき人間がこれでは・・・・防護服防護服2







警戒区域20km圏を訪問したそうだが、如何に重要な身分であるとはいえなんとも見苦しい。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 22:24Comments(0)TrackBack(0)

2011年05月12日

ユッケ食中毒

ウーン、今回の食中毒事件は食肉を扱っている立場として非常に書きづらいケースだ。

さらに自分がユッケや生肉大好き人間だからより厄介だ。一消費者の立場から言うと、焼き肉屋さんに行ってユッケが食べられなくなったら非常に寂しい。

今回のケースはユッケを消費者に出していた焼き肉屋さんに非があるのか、それとも肉を卸していた食肉業者に非があるのか非常に判断しづらい状況のようだ。

結論を推測すると、さまざまな思惑、周囲の環境、業務手順、品質管理等々多くの要素が複雑に絡み合っており、責任所在の濃淡はあったとしても両者共に
非があったというべきだろう。

ユッケ問題の根源は:

1.ユッケの好きな消費者が存在する。
2.焼き肉屋サイドでは当然のごとく消費者のニーズに対応しようと努力する。
3.ところが、行政サイドは食肉業者に対して明確な生食販売基準を示していない。(例えば、保健所に問い合わせてみると、「肉の生食は認めていませんが、もし消費者に提供するのならお店の判断で処理してください。」となる。
4.そこで食肉業者は、Oー157、糞便性大腸菌、一般生菌、サルモネラ等の食中毒を引き起こしそうな菌が陰性の食肉を製造・加工して飲食店に卸すこととなる。
5.さて、この飲食店に卸す段階で聞かれることは「これ生でも大丈夫?」
6.普通卸す側の回答は「生でも食べられるよう検査はしてありますけれど、お客さんに出す時は「タタキ風にして表面は火を通してくださいね!」となる。
7.この「火を通してくださいね!」と言った時点で、飲食店サイドの購入意欲はガクッと下がる。要するに、売る側の品質に自信が無いと解釈されるからだ。
8.そうすると、売る側は第3者機関で検査した検査証明書を添付して「食中毒を引き起こす可能性のある菌は存在しません。」と言ってお肉の安全性を強調する。
9.ここで両者間で阿吽の呼吸が成立すれば、お肉が生食用として流通する可能性が高くなる。本音部分としては、買う方は業者から「生食OK」の言質を取りたいが、売る方はそこを出来るだけ「生食否定か曖昧」にしたいという心理が働く。

上記のような状況下で、実際は飲食店側が肉のトリミングをしたり、表面を炙ってタタキにしたり、また調理器具を使い分けたりして衛生面に気をつけてお客に提供しているのが現状だろう。

個人経営のお店では、衛生管理についても細かいところまで目が届くだろうが、今回のチェーン店ではそこまでの配慮が足りず今回の事件に繋がったと推測される。

いずれにしても好物のユッケが焼き肉屋さんから消えないことを望むのみだ。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 21:48Comments(0)TrackBack(0)

2011年05月10日

歯のメンテナンス

ビーチバレーは相変わらず欠かさず継続しているのだが、もう一つ継続していることがある。

それは40歳を過ぎた頃から始めた6カ月ごとの歯の掃除。

つい先日も点検と掃除をしてもらった。

医者が言うには、「歯茎がとてもしっかりしています。炎症も起こしていません。」だった。

これはとてもとても嬉しい医者のコメントだ。

歯のメンテナンスをしてきたことに対するご褒美をもらった気がする。

さらに、娘に「お父さんは加齢臭がしない。」と言われた。

自分では特にこれといった工夫も努力もしていないのだが、このメンテナンスとビーチバレーの恩恵を受けているのだろう。

ということで、多くの方々に勧めたい「歯のメンテナンス」。

歯がしっかりしていればご飯も美味いし、加齢臭も防げるしで、良いことのオンパレードだ。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 22:17Comments(0)TrackBack(0)

2011年05月07日

ビンラディン

細かいことは抜きにして、今回のビンラディン射殺には納得できない点がある。

彼が悪者であろうと、テロリストであろうと、主権国家であるはずのパキスタンに暗殺部隊を送り込んで、射殺してしまう。

このような理不尽がまかり通ってすむのだろうか?

自由と民主主義を標榜するアメリカではなかったのか?

自分の気に食わないやつは、力でねじ伏せる。

そして「自分は正義」だと主張する。

まるでヤクザではないか!

ヤクザ国家アメリカがのさばっている世界。

それが今の世界だ。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング


  
Posted by Kangarooman at 23:43Comments(0)TrackBack(0)