2011年02月27日

国の借金

1000兆円に届こうとしている国の借金についてさまざまな議論がなされている。

当然のごとく借金はないに越したことはない。

しかし私達はこの国の借金の本質について真剣に考えたことがあるのだろうか?

この借金をせずにやりくりしていたとしたら今頃この国はどうなっていたのだろうか?

失業者が街にあふれ、収拾のつかない状況に陥っているだろう。ひょっとしたらリビアやエジプトのように国民蜂起という事態も大げさではない。

私達は冷徹に国の財政状況がどのような状態となっているのかを認識して、将来の国作りに備えなければならない。

我が国の経済崩壊はバブル以前から始まっていたとカンガルーマンは考えている。

その原因は世界市場が飽和状態に陥ったからに他ならない。
特に日本にとっての最大の市場(お客様)であったヨーロッパと米国市場が飽和状態となったからだ。

その結果、日本企業の高度成長が停滞することとなってしまった。

そこで内需を喚起するためにとられた政策がバブル、つまり不動産投機でアブク銭をつくりだし国内市場を活性化させようということだった。活性化させる理由は、企業を倒産させず雇用を維持するということに他ならない。

しかしアブク銭はアブク銭だ。いつまでも続くわけがない。

そこで始めたのが国の借金だ。
昨年7月10日のブログでも言及した国の借金。

http://www.bitway.ne.jp/bunshun/ronten/nifty/sample/pictorial/graph_2010_01.html

バブル以降大幅に増えている。

それではこのように借金をして、何に使ったのか?

それは雇用を維持するためだけだと言っても過言ではないだろう。

口の悪い人は無駄使いばかりして借金を増やしてきたと言うだろう。そのような側面もあったであろうが、しかし無駄使いをしたことで雇用が維持されてきた。

具体的にどうだったのだろうか?

次回に続く・・・

*注 カンガルーマンは特定の政党や政治的目的をもった団体のスポークスマンではありません。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング


  

Posted by Kangarooman at 22:55Comments(2)TrackBack(0)

2011年02月24日

新商品開発

普段から手軽にビーチで食べられるスナックがないかと考えていた。試合の前や練習の合間に小腹が空いた時にエネルギー補給の目的で食べられるアイテム。

これまでは、チョコレート、かりん糖、コロッケ、ジャーキー、何とかメート等々をコンビニで買って食べていたがもう少しシックリこない。

頭の中では:
・コンセプトは固まった。
・形状もイメージができた。
・メインの材料も決まった。
・パッケージのイメージもできた。

ここまでは順調だったのだが現在難所にぶつかっている。
・商品名
・味
・捻り

特にこの捻り部分で七転八倒している。

ここさえ乗り越えられれば自ずと商品名と味に繋がって行くはずだ。

既存の概念や食材を使用しながら、奇をてらわずしかも大きく外れず、しかし新しい感覚と味をもたらしてくれるアイテム。

今では当たり前に使用したり、食べたり、飲んだりしている食品にはそういった要素が入っている。

例えば、昔からあるものとしてはタバスコ、カルピス、ストリングチーズ、カッパエビセン、カップ麺、インスタントラーメン等々、そして最近では食べるラー油、生キャラメル、チョコポテトチップ等が真新しい。

こうした大ヒット商品を夢見ているわけではないが、どうせ作るなら自分が美味しく食べられて、そして多くの人達に喜ばれる新しい食べ物の開発を目指している。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 20:49Comments(4)TrackBack(0)

2011年02月20日

レオ今井・・ KIMONO'S

先週、井出綾香を紹介したが今日はKIMONO'Sを紹介。

http://www.myspace.com/kimonosjp

彼らも日本の音楽シーンを変える可能性を秘めている。

確かな技術と音楽性、クリエーティビティと国際性、さらに日本人としての感覚が素晴らしい。

井出綾香にしろKIMONO’Sにしろこれから日本だけでなく世界で大きく羽ばたき、日本の顔を変えてくれるだろう。

楽しみな世代が育ってきている。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 22:10Comments(0)TrackBack(0)

2011年02月15日

Breaking Bad

ドップリ嵌った。

http://www.breakingbad.co.jp/

見終わらないと落ち着かない。

日本でも”麻薬”は大きな問題となっている。

麻薬先進国アメリカを舞台にしたTVシリーズ。

内容については観てのお楽しみだが、リアリティ十分のストーリーと演技でアメリカ社会暗部の一面を浮き出させている。

ごく普通の中流階級に属する家族と彼らを取り巻く人々、麻薬捜査官、麻薬シンジケート、ストリートギャング、中毒患者達が絡み合いながら物語が進行してゆく。

観始めたら止まらない。

これまで24、プリズンブレーク等さまざまなTVシリーズが放映されたが、このシリーズはダントツで面白い。

というか多くの事を考えさせてくれる番組だ。

時間に余裕のある方には是非お薦め!

カンガルーマンは時間が無いので、睡眠時間を削って観ている。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 23:07Comments(0)TrackBack(0)

2011年02月14日

久しぶりに充実した連休

木曜日はネットで知り合った20代の女性とタイ料理を食べながらの歓談。

土曜日は数十年にわたって付き合っている友達が集まっての年1回のパーティ。

写真で紹介出来ないのが残念だが、15年以上続いている。

roastbeach
皆に会うのが楽しいことは当然だが、ホストが心を込めて作ってくれるローストビーフも楽しみの一つとなっている。


30代から付き合っている仲間達。
いつの間にか熟年という年に近づいてきた。

同年代と付き合いながら、日曜日はビーチバレーで若者達と付き合った。
beach2beach





世代を超えて多くの人達とつきあうと、世の中が良く見えてくる。

多くの人達に薦めたい。

世代を超えて同じ目線で付き合うことを・・・・・・。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 23:13Comments(0)TrackBack(0)

2011年02月11日

先が楽しみ!井出綾香

新しい世代が育ってきている。

日本人と外国人の間に生まれた、新しい日本人がさまざまな分野で活躍し始めている。

まだ17歳でデビューホヤホヤの彼女もその一人。

http://www.jvcmusic.co.jp/ideayaka/index.html

日本と海外の音楽シーンで大きく羽ばたく可能性を秘めている。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 11:00Comments(0)TrackBack(0)

2011年02月04日

エジプト反政府デモ考・・・・・その2

今さらと言う感じでもないのだが、アメリカがムバラク大統領をさかんに突っついているようだ。

これって明らかな内政干渉ではないのか?

それはそれとして、自由と民主主義を標榜するアメリカが、エジプトのさらなる民主化を望まないというではないか?つまり選挙の結果、現在非合法野党となっているムスリム同胞団やイスラム勢力が力を持つかもしれないことが困るということらしい。

親米である限り、独裁政権であろうが、強権政権であろうが結局は構わないというところが本当のところだろう。

自由・平等・人権を標榜する民主的政権であっても、反米であれば認めないということなのだろう。

日本の現状を見てみると、アメリカと距離を置こうとした鳩山・小沢氏等は政権中枢から外される状況となっている。これが偶然だったか、それともアメリカの思惑が絡んでいたかは一庶民であるカンガルーマンに分かる術はない。

しかし民主党が政権を取ってからこれまでの軌跡と方向性の流れを見てみると、対等な日米関係、東アジア共同体、普天間基地県外あるいは国外移転といった当初の目標から大きく外れてきている。

こうしてみると日本がアメリカの呪縛から逃れるのはカンガルーマンが目の黒いうちには起こり得ないような気がする。

今回のエジプト反政府デモがどのような結果を中東にもたらすか、それに対してアメリカがどのように介入して傀儡政権を設立してゆくのか興味を持ってみてゆくつもりだ。

このプロセスは私達日本人にとっても非常に参考となる事象だろう。

もし日本経済が破綻(そういうことはないだろうが・・・・)して失業者が巷に溢れ、反政府運動でも起きたらエジプトと同じような状況にならないと誰が断言できようか?

したがって国の指導者達は日本人を飢えさせないように、そして今の暮らしを維持できるようにしないと、いつかは暴動と言う形のしっぺ返しを食らうこととなるだろう。

民主党の皆さんは、政権を取ってみて、国庫の中身をみて腰を抜かしたのではないだろうか?

一般庶民は何も知らずに、しかし何か不安を感じながら、今が謳歌できる瞬間的な見せかけの享楽世界に生きているのが2011年の春先かもしれない。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 17:30Comments(0)TrackBack(0)