2010年11月30日

政治や日米関係を抜きにして

沖縄の基地問題を考えた場合、根本的な部分が間違っているのではないか?

それは沖縄の人達にあまりにも多くの基地負担を強いていることだ。

沖縄県企画調整課によると基地状況は以下の通りだ:

(沖縄県の米軍基地)

  本県には、全国の米軍専用施設(面積)の74.7%が集中し、県土面積の10.4%(沖縄本島18.8%)を米軍基地が占めている。また、県内には、軍人、軍属及びその家族約4万5千人が居住し、駐留軍従業員として約9千人の県民が雇用されている。こうした米軍基地から直接、間接に派生する基地関連の収入は、いわゆる基地経済として本県経済に一定の影響を与えている。

  ○ 米軍専用施設の全国比(平成16年3月末現在)
       全国の米軍専用施設・区域:  88施設  312,193千㎡
       沖縄の米軍専用施設・区域:  36施設  233,124千㎡ 
        全国に占める本県の比率:   40.9%     74.7%

  ○ 陸地面積に対する米軍基地面積の割合(陸地面積は平成15年10月1日現在、米軍基地面積は平
     成16年3月末現在)
          A 陸地面積    B 米軍基地面積    割合(B/A)
  沖 縄 県     2,273.41k㎡     236.812k㎡        10.4%
  (沖縄本島)    1,205.68k㎡      226.178k㎡         18.8%

  ○ 在沖米軍人・軍属・家族数(平成16年9月末現在)
       総    数:  45,354人 
         軍  人:  22,339人
         軍  属:   1,503人
         家  族:  21,512人

  ○ 本県の駐留軍従業員数(平成16年3月末現在)
       総    数:   8,813人 
         陸  軍:     775人
         海  軍:     549人
         空  軍:   3,009人
         海兵隊:    2,973人
         OWEX:   1,507人

そして沖縄の多くの方々はこの負担を少なくして欲しいと思っている。例えば普天間基地の代替えを県外に移してもらいたいとか・・・・。

それに対して私達沖縄県以外の日本人の態度はどうだろうか?

非常に冷たいと思わざるを得ない。

日米安保がどたらこうたら、日米関係や安全保障がどうたらこうたらとか、自分達に火の粉がかからないように理屈をこねて逃げ回っている。

どこの県や地方自治体でも、いざ自分の地域に基地が移転されそうな状況になったら強硬に反対するに違いない。

これってあまりにも自己中な世界ではなかろうか?

本来なら日本人全員が、「沖縄の負担を軽くして、皆でその負担を平等に背負って安全保障を考えよう」という運動になるべき案件だ。

この「自分さえ、自分の地域さえ良ければ・・・」という「自己中日本人」が消えない限り日本の将来は厳しいと言わざるをえない。

もし米軍基地が必要不可欠な存在であるならば、そろそろ「基地の平等負担運動」でも始める時期に来ている。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  

Posted by Kangarooman at 22:22Comments(0)TrackBack(0)

2010年11月29日

就職活動

就職活動なのだそうだ。

そしてそれには定まった服装で面接に臨まなければならないらしい。
就活ルック


この写真だと、どうしても就活ルックよりも犬のほうに目が行ってしまう。

みんな同じ格好で面接にきて、面接官はどうやって志望者の能力の可否を判断できるのだろうか?








それよりもむしろ好き勝手な格好をさせたほうが、その人の考え方、センス、好み、性質その他を見抜けると思うのだが・・・・・。

いずれにしても今年の新卒は就職活動で苦労しているらしい。

まあ若いうちに苦労することはいいことだ。

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 23:11Comments(0)TrackBack(0)

2010年11月24日

今年最後の大会参加

街中にあるビーチバレーコートで行われた大会、Sandblockカップに参加。
Sandblockカップ集合写真
うすら寒い陽気だったにも関わらず、約50人ほどが集まった。



試合開始は10時半ごろ、それから延々と夜の10時ごろまでゲームが続行された。

疲れたが、しかしとても有意義な一日だった。ほとんどが20、30代の若者に混じって体を動かす。

同じ目線(彼らがそう思っているかどうかは別にして)で彼らと会話を交わすことで、若者たちの思考回路が見えてくる。・・・・と思う。

それだけでも収穫だ。

さらに今回はビックリするようなおまけがついてきた。
有名女子ビーチバレー選手と一緒に写真に収まることが出来た。
SandblockカップSandblockカップ2















非常に楽しくもあり、体を鍛え、そして若者達と同じ土俵で交流を深める。

これ以上有効な時間の使い方があるのだろうか?

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 23:07Comments(4)TrackBack(0)

2010年11月21日

優勝パレード

地元プロ野球チームロッテマリーンズの優勝パレードが行われた。
優勝パレード

朝8時頃既に場所取りが行われている。

パレードは11時の予定なのだが・・・・。

実は犬の散歩をしていて今日がパレードだと分かった。







優勝パレード2




8時半頃になるとさらに人出が多くなり、20mおきにガードマンが立ち始めた。








優勝パレード3
そして既にテープカットのハサミとテープが準備されている。



優勝パレード4
パレードが終わると同時にスタッフの方々が新聞の紙吹雪の回収を始める。

この紙吹雪は地元の方々が作って、窓から舞わせたとのことだ。









優勝パレード5


そしてパレードに参加した方々も手にゴミ袋を持って紙吹雪を回収している。










夕方同じ場所を通ったのだが、パレードがあった痕跡すら残っていない!
いつも通りのメインストリートに戻っている。

なんとまあ手際の良いこと!!!

こういうところが日本人の特性の一つなのだろうか?

ランキング挑戦中励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 23:24Comments(0)TrackBack(0)

2010年11月18日

似た者同士

限られた経験と付き合いからだけしか判断できないし、また何の根拠もないのだが・・・・・。

アメリカと中国は必ずどこかでぶつかる、大きくぶつかるだろう。
彼らの思考回路はあまりにも似ている。

その間に挟まっている日本はどうするのだろう?

その状況も見据えたうえでの国家戦略を練らないと日本と言う存在が危うくなってしまう。

ここ数カ月の日本政府の振る舞いは:

まさに漫画ドラエモンのスネオだった。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング



  
Posted by Kangarooman at 21:55Comments(0)TrackBack(0)

2010年11月17日

囲碁・将棋作戦

恐れていたことが始まった。

昨年のブログ記事で紹介した90歳を過ぎても車を運転していた父親のことだ。軽い接触事故を起こしたこともあり、免許が有効で、そして当人は運転を続けていたかったにも関わらず、私達子供が強引に車の運転を止めさせた。

要するに「あぶないから、事故を起こしたら大変だから」という理由で。

それからお金の管理を当人ではなく、法律家に任せるようにした。

「ギャンブルや浪費などで無駄使いをさせないように」という理由で。

基本的に父親の好きなこと、「車の運転と自由に使えるお金」、を出来ないよう
な仕組みを作ったわけだ。

そのおかげで父親以外の家族の頭痛は無くなった。

そしてそれから1年と少しが経ったわけだが、恐れていた事態が生じた。
急速なボケが始まっているらしい。

体は相変わらず元気だ。
見た目は70代で通るのではないだろうか?歩き方も老人のそれではない。

しかし言動に論理性が無くなってきた。

つい最近の出来事として、1銭も持たずにパチンコ屋にタクシーで乗りつけて保護されたそうだ。

楽しみが取り上げられるまでは、車を運転して、パチンコ屋に行ったり、買い物したり、母親を介護センターに連れていったり、料理したりしていたのだが、今では体は元気だが何もやることがなく時間を持て余し、結果ほとんど家の中でボーっとして過ごしている、という状況だ。

さて現在家族で相談していることは、介護士に来てもらって父親の面倒をみてもらおうということだ。前提としては、「ボケた父親を」ということになっている。

しかしこのアイデアはどうもシックリこない。これをやったらボケがさらに進行するのではないかと思っている。

若い人でも、毎日何もやることがなく、しかも自分の好きなことができない状態に長期間おかれたらボケてしまうのではないか?

そこで考えた次のアイデアは、父親が昔好きだった囲碁・将棋に取り組んでもらおうということだ。カンガルーマンが子供の頃、父親は暇があると囲碁・将棋をやっていた。

ひょっとすれば囲碁・将棋がボケの進行を止めてくれるかもしれない。

長生きすることはとても大事だ。しかし心身の健康が保てて初めて意味ある老後を迎えられる。

老人だからと言って過保護に何もさせないと逆に心身の老化を早めてしまうことになりそうだ。

適度なストレスと保護された生活。

長生きすればするほどそのバランスが難しい。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 23:24Comments(0)TrackBack(0)

2010年11月08日

尖閣漁船衝突事件

今さらながら遅い投稿なのだが、これって立場を変えて改めて検証することも大事なのではないか?

要するに中国人サイドから今回の事件をどのように見てるか?

彼らにとっての前提は、尖閣諸島は自分たちの領土であるということだ。

そこに武器を持った日本の巡視船が侵入して漁船を追い払おうとした。
それに対して、丸腰の漁船は体当たりして巡視船の横暴を食い止めた。

結果、船長は日本官憲に拉致されてしまった。

船長が釈放されたのは、日本の巡視船が領海侵犯して非は日本側にあったのだから当然の処置である。

こういう構図だろう。

船長は日本側の領海侵犯を体を賭して防いだ形になっており、しかも日本政府が船長を釈放したことで巡視船の領海侵犯の非を認めさせた英雄と扱われて当然だ。

というような心理を中国一般国民の中に芽ばえさせようとしているのだろう。

こうなると第2、第3の体当たり漁船が出てくるのではないか?体当たりしても日本の巡視船は逮捕できないということを見越して領海侵犯してくる。

なんせ彼らは中国の領土だと思っているから悪いことをしているとは思っていない。

悪いのは、中国領海を侵犯している日本の巡視船だと思っているから始末に負えない。

という流れと背景を十分考えたうえで尖閣問題は解決してゆかなければならないのだろう。

ビデオを公開したのは誰だとか、それはけしからん等と枝葉の部分で騒いでも時間の無駄だ。

問題は、中国は既に尖閣諸島は中国領であるという既成事実を作ってしまったことだ。

その証拠にこの船長は罰を受けていないし、釈放されてしまったのだから・・・・・。

そして繰り返すが釈放したことで日本政府は自らの非を認めてしまった。

つまり領海侵犯したのは日本の巡視船だと・・・。

これが問題だ。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 22:46Comments(0)TrackBack(0)

2010年11月04日

オニギリ

青空

素晴らしい青空だった。




30日の日曜日に、練習の合間に食べようとコンビニでオニギリ1個とコロッケを買った。

夕方近くになって小腹が空いたのでバッグからオニギリを取りだして包装紙を開けたらノリが湿ってる。おかしいなと思いながらも巻いてかぶりついた途端異臭が口に広がった。思わず吐き出して、賞味期限をみると10月24日となっているではないか?

帰りにそのコンビニに寄って、食べかけのオニギリと賞味期限の入った包装紙を見せて店長に抗議した。

店長は「そんな、不可能です」と。
「だけど現実にここに食べかけのオニギリとレシートがあるんだよね」
「ほんとだ。ここで買った記録がありますね。スミマセン」
「これから気をつけてな!」といってその日は帰宅。

翌日その話をカミさんにすると、「あんた、何言ってんの。それ先週買ったオニギリを食べ忘れたんじゃないの?そしてそれをそのままバッグに入れっぱなしにして、それを食べたんでしょう」

「う・・・・・・む。だけどその日に買ったオニギリはバッグに入ってなかったんだよ」と反論をしてみたのだが・・・。

「何言ってんのよ。きっとその日に買ったオニギリはお昼で食べて覚えていなかったんでしょ」ときた。

ここまできて、カミさんの論理がかなり正しいように思えてというか、ほぼ自分の間違いだと確信するに至る。

そして昨日は素晴らしい青空で、ビーチに向かうのだがどうも胸がモヤモヤしてしょうがない。

それで行きがけに、そのコンビニに立ち寄ることにした。

店長は不在だったのだが、食材陳列担当のオバサンと話ができた。

「斯く斯く云々・・・・・」と説明をしたところ、オバサンに人騒がせオヤジと叱られるかと思ったが、そのオバサン目に涙を半分ためて逆に喜んでくれた。

おかげで気持はサッパリし、さらに素晴らしい青空と、練習を楽しむことが出来たビーチであった。


ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 22:25Comments(2)TrackBack(0)

2010年11月02日

ウワッ

豪ドルと米ドルが逆転した。

11月2日17:25分時点で逆転した。

そして23:25分現在、対円レートは米ドル80.70円に対して豪ドルは80.76円となっている。

これは特筆するに値する出来事だろう。

このような事態が生じるとは誰が予想しただろうか?

カンガルーマンが豪州貿易に携わってきた過去26年間、豪ドルは常に米ドルより弱いというのが常識だった。

これが覆されてしまった!

この背景にはさまざまな要因が見てとれる。

アメリカ経済が弱くなったことは勿論だが、それ以上に資源を持てる国の強さが認識されたことの証だろう。

特に豪州は世界が欲しがる天然資源を豊富に持っている。
これがその強さの源となっている。

今後の日本の将来を見据えるうえで非常に暗示的出来事だ。

日本の人的資源、特に頭脳は枯渇しない資源だ。

これを戦略的に鍛えそして磨きあげ、世界が欲しがる資源とする。

これ以外に日本が生き残る道はないだろう。

これから米ドルと豪ドルの行方から目が離せなくなってきた。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング



  
Posted by Kangarooman at 23:51Comments(0)TrackBack(0)