2010年07月27日

暑いときにピッタリの音楽

Aquellos Ojos Verdes(あの緑の瞳)

http://www.youtube.com/watch?v=KiCmAMw67Eo

体にまとわりつくような湿った、そして熱いエアーの流れを感じる夕暮れ時に聞きたくなるメロディー。

男性だったらテキーラのストレート、女性だったらマルガリータを飲みながら夕日が沈むのを眺めながら聞く。

今にピッタリです。

夏に聞くラテン音楽です。

お楽しみください。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング
  

Posted by Kangarooman at 22:14Comments(0)TrackBack(0)

2010年07月24日

暑いからこそ

体を動かす。

この1週間猛暑が続いている。
が、カンガルーマンはこの暑さが全く気にならない。

エントリー


継続は力なりというのだろうか?
むしろこの暑さが心地よく感じるから不思議だ。

毎週末、朝から夕方までビーチバレーをやっている生活がどれだけ続いているのだろう?








ギラギラ照りつける太陽のもとでボールを必死に追いかける。
汗と砂まみれになって基礎練習や、ゲーム練習を繰り返す。

ボールを追いかけている間は頭の中は真っ白となる。

休憩時間に一気に水分補給をし、そのままシャワーに飛び込んで体を冷やす。

そしてまたボールを追いかける。

それの繰り返しだ。

夕方家に帰ってくたくたになった体でボーッとしていると睡魔が襲ってきて、15−20分くらいウトウトする。

そのあと夕食を食べて、家族団欒。

10時ごろにはまた睡魔が襲ってくる。

気が付いたら翌朝となっている。

このパターンの繰り返しを少なくとも10年以上続けている。

素人考えなのだが、こうすることでいつの間にか暑さに耐えうる体が出来上がってしまったのかもしれない。耐えうるというより、暑さを楽しむ体質といったほうが正しいかもしれない。

ということで、今週もビーチの爽やかな風と暑さを楽しむためにウキウキしているカンガルーマンだった。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 11:14Comments(6)TrackBack(0)

2010年07月19日

ジャパネスク雰囲気のダイニングバーレストラン

TENKA酒場samuraika
インテリア

オーナーの友達が描いてくれたという壁画が特徴ある店内の雰囲気を醸し出している。

 

 

渋谷で新しく出来た若者向けの居酒屋でカンガルー、ワニ、ダチョウが食べられる。
カンガルータタキ
バルサミコをうまく活用した和風タタキ。
腰があるが驚くほど柔らかいカンガルーのタタキ。




ワニ


鳥と魚の中間のような歯触りと風味を持ったワニのから揚げ。








オーナーがオーストラリアに滞在していたとかでこうしたお肉にとても理解があるし、またお肉の特徴を生かした調理をしてくれる。

外食でカンガルー、ダチョウ、ワニ等の低脂肪・高タンパク肉が出回れば出回るほどビーチバレー命のカンガルーマンにとっては嬉しい傾向だ。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 21:53Comments(0)TrackBack(0)

2010年07月13日

オイオイオイ、何をやってるんだか?

以下の読売新聞の見出しが本当なら・・・・・・・、

菅首相、公明・みんなに連携打診へ、だと!

民主党も終わりだ。

よりによって公明党に連携打診とは開いた口が塞がらない。

最も距離を置かなければならない政党のはずなのに、これだったら共産党との連携のほうがまだましだ。

完全に手詰まりということを明かしたようなもんだ。

新聞の誤報であって欲しいと思った今朝のニュースだった。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 18:04Comments(0)TrackBack(0)

2010年07月12日

辛抱が足りないのか、それとも・・・・!?

参議院選挙結果は予想通り民主党の惨敗という結果で終わった。

しかし日本人はいつからこのように辛抱できない国民になってしまったのだろう?

カンガルーマン自身は、民主党の支持者でも、管首相のファンでもない。

それでも衆参両院で過半数を取って次の衆議院選挙まで思い切って仕事を進めて欲しかった。

日本の進路を計る上でそれからでも決断を下すのは遅くないだろうと思っていたのだが・・・・。

惨敗の大きな原因は、一重に昨年の衆議院選挙の時に批判勢力として作成した所謂マニュフェストで「大風呂敷」を広げたものの、実際に運営する立場に立ってみたら簡単に実現出来るような問題ではなかった。結果、国民を欺いたということになってしまった。

それに対する大きなシッペ返しを食らったということだろう。

それはつまり民主党の体質と考え方が責任のない批判勢力として脱皮しないままにムードで昨年の衆議院選挙で大勝し、運営する側にまわってしまったことにある。

現在日本が直面している、経済問題、中国や米国との外交問題、ひいては向こう数十年の進路の策定については政治家はもちろん私達国民もじっくりと腰を据えて議論を闘わせ方向性を決めて取り組んで行かなければならない。

そのためには取りあえずは安定した政権が必要だ。

そしてそれには私達国民が状況をしっかり把握したうえで一致団結して政治家を選んで行かなければならないところに差し掛かっているはずなのだが、残念ながら相変わらず危機感に乏しいようだ。

やっぱり巷に失業者が溢れ、今日明日の食べるものに困窮する事態に直面しないと私達一般大衆は目が覚めないのだろうか?

そして独裁者が現れるまでこの一見平和に見える政治的・社会的混乱を放置しておくのだろうか?

うーむ・・・・・。

あとはある時期を境にして、戦前の大日本帝国ではないが党派を超えた挙国一致体制を作らねば日本の将来は危ういのか?

そうなる前に私達国民は目を覚まさなければならない。

投票率57.92%だと。 40%近くの有権者は眠っている。

そして投票した有権者達も民主党が過半数を取れなかったらどのような結果が待ち受けているのか考えたのだろうか?

それとも政界再編を願う国民の意思のあらわれか?

もしそうであれば、それはそれで大きな希望が見えてくる。


ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング
  
Posted by Kangarooman at 22:50Comments(0)TrackBack(0)

2010年07月07日

自家製アイス

とは言っても、とても簡単なアイスなのだがこれが美味い。

冷凍ミックスベリー市販の冷凍ミックスベリー

ブルーベリー、ブラックベリー、レッドカラント、ダークスイートチェリー等5種類のベリーが入っている。




作り方はいたって簡単。冷凍庫からベリーを取りだして器に入れる。
自家製アイス



それにミルクを入れて、あとはブラウンシュガーを少々。







自家製アイス2


あとは掻きまわすだけ。









30秒でできる自家製アイス。

これからの季節病みつきになること請け合いです。

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング
  
Posted by Kangarooman at 16:04Comments(0)TrackBack(0)

2010年07月06日

甘やかしの構造の果てーその2

昔カリフォルニアに住んでいた頃、同じアパートの住人で全く働かない奴がいた。

35年くらい前の話だ。

5体満足な体をしている30ちょっと前の男だ。

当時は今のようにゲーム等はなかったものの何時も家に閉じこもっている。というか、昼間からパーティをやっていた。

ドアを開けっぱなしだから中が見える。そして中からはマリファナの匂いが外に漏れてくる。

ある日、そいつが中に入って遊んでゆけという。

そこで普段から疑問に思っていたことを聞いてみた。
「働いてるのか?」
「いや、生活保護を受けている。月に400ドルもらっているよ」
「どうやってもらっているんだ?普通じゃもらえないだろう?」
「ここだよ。ここ。」といって頭を指している。

具体的にどうやって400ドルを手に入れているのか詳細は明かさなかったが、ちょこっと書類を提出すればお金をもらえるのに「額に汗して3ドルの時給で働くなんてアホらしい。」と言っていた。

「民主党政権になってから、特にやりやすくなった。貧者のための政権だそうだからジャンジャン投票してやろう。」
「・・・・・・・」
「そうだ。近いうちに地区のリベラル代表を囲んだ集まりがあるから来ないか?」
「いや俺は外国人だから関係ないよ。」と言いながらも好奇心旺盛なカンガルーマンはその会合に顔を出してみた。

なにか胡散臭いヒッピー崩れのような若者達がたむろっている。
その中の聡明そうな顔をした女性がリーダーのようだった。

当時の市民活動家Tom Haydenを支持する集会だった。

話の内容にもそこに居た人たちにも興味なかったので早々と退散したのだが、今になって考えてみると、彼らこそが現在のアメリカ経済の凋落をもたらした元凶の一つの要素でなかろうかと思ってしまう。

「平和だ、労働者の権利だ、人権だ」と格好のいいことを言いながら裏ではチャッカリと生活保護手当を受け取って働こうとしない。

彼らにしてみれば、こうして集会に出て時の権力からお金を絞り取ろうと画策することが仕事だったのだろうが・・・・。

最近の日本の状況とダブって見えてしょうがない。

国民を甘やかせば甘やかすほど、当選できるのが今の政治の仕組みか?

借金で首が回らなくなって二進も三進も行かなくなった頃には、甘やかした連中はどこかに行ってしまっている。

故小渕首相が亡くなる前に言った「俺は平成の借金王だ!」と・・・・。

借金で首が回らなくなる時が刻々と近づいている。

アメリカは借金だらけになっても、ヤクザよろしくそれをチャラにできる力を持っている。

日本はどうか?

さー?

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング

  
Posted by Kangarooman at 23:06Comments(0)TrackBack(0)

2010年07月01日

甘やかしの構造の果て

は破局しかない。

過去の自民党政権にしろ、今の民主党政権にしろ、政権の基盤は選挙の結果に頼っている。

彼らは選挙で勝つためにさまざまな訴えを行い、出来るだけ多くの国民が自分達の党に投票するように仕向けている。

訴える内容がどのようなものかというと、基本的には私達国民に耳触りのいい項目のオンパレードとなってくる。

先ずは以下の1986年―2009年までの歳入歳出の推移をご覧いただきたい。

http://www.bitway.ne.jp/bunshun/ronten/nifty/sample/pictorial/graph_2010_01.html


1986年当時の税収は42兆円弱となっている。23年前の話だ。

しかるに、2009年度の税収はどうだったか?
36.9兆円だと・・・・・!

一方、歳出はどうだったか?
1986年が、54兆円弱で2009年度は88.5兆円!!!

収入は横ばいあるいは減っているのに、支出が大幅に超過している状況が23年間も続いている。

そして足りない部分は全て借金(借金の出来る体力)で補っている。

問題は何故そうなったかだ?

その原因の根幹は:
時の政権党が票を獲得するために国民に飴や小遣いをバラ撒いてきたからに他ならない。そして国民はそれに慣れてしまって、赤ちゃんのように際限なく要求を突き付ける。

要するに「甘えの構造」と言う”飴と小遣いバラ撒きのスパイラルに陥ってしまった”からだ。

私達国民はそろそろ気がつかねばならない。

この構造の行き着く先を。

借金のお陰で未だにぬくぬくとした生活を送ることができているが、破たんの兆候も出始めている。

そして大方の国民がまだぬくぬくとした生活を送れるがゆえに、どれほどの状況に置かれているか頭では分かっていてもまだ肌で具体的に感じるところまではきていない。

失業者が街にあふれ、今日食べる物に困るほどの状況にならなければわからないのだろうか?

メディア、評論家、学者、野党そして国民の多くは、現在の借金まみれの国の財政状況の責を政府や時の政権党に求めているが、実際は私達国民自身に一番の責任があることを自覚しなければならない。

国を運営する政権党や政治家を選んだのは私達国民なのだから・・・・。

それでは私達国民は何をすべきなのだろうか?

この「甘えの構造」からの脱出をはからなければならない。

次回に続く・・・・

ランキング挑戦中
励みの応援クリックをお願いします。
ブログランキング
  
Posted by Kangarooman at 21:29Comments(0)TrackBack(0)